げっ歯類

細胞遺伝子工学

非古典的MHC-I分子のヘパラン硫酸結合活性を発見

立体構造からMILL2の分子機能を見出し、生理機能解明に道を拓く 2018-11-01 北海道大学,昭和薬科大学,日本医療研究開発機構 ポイント げっ歯類などのゲノムにコードされる非古典的MHC-I分子、MILL2の立体構造を...
医療・健康

脳と脊髄を結ぶ運動の「神経地図」~巧みな動作のもとになる多様な神経回路の発見~

2018-05-03 新潟大学,科学技術振興機構(JST) ポイント 大脳皮質と脊髄を結ぶ「皮質脊髄路」と呼ばれる神経回路が、どのようにして動物の複雑な運動動作を生み出すことができるのか不明であった。 今回、げっ歯類の皮質...
生物化学工学

エサの匂いやフェロモンに応答するキンギョの嗅神経細胞を同定

キンギョは食事に4割、恋に1割の細胞を使う 2018-04-25 生理学研究所 内容 視覚機能がよく発達したヒトと異なり、げっ歯類や魚類は嗅覚が著しく発達していることで知られ、匂いを用いてさまざまな情報伝達を行っていることが知られてい...
ad
タイトルとURLをコピーしました