再生医療

医療・健康

マウスの心筋は心筋直接リプログラミングで心臓線維芽細胞から真に再生することを証明

心臓線維芽細胞から直接心筋細胞を誘導する「心筋直接リプログラミング法」を開発しているが、細胞の系譜と融合を明らかにする遺伝子改変マウスを用いて、生体内で新たに作製された心筋細胞が、心臓線維芽細胞由来の真の再生心筋細胞であることを、世界で初めて明らかにした。
医療・健康

肥満治療薬を用いて未分化iPS細胞を選択的に除去する手法を開発

再生医療で腫瘍が発生するリスクを低減し実現化を加速 2020-09-08 慶應義塾大学医学部,日本医療研究開発機構 慶應義塾大学医学部循環器内科学教室の遠山周吾特任講師、同救急医学教室の田野崎翔助教らの研究グループは、同医化学教室の...
医療・健康

再生医療における移植モデルの開発に初めて成功―iPS細胞を用いた移植医療への貢献に期待―

2020-08-11 北海道大学,日本医療研究開発機構 ポイント iPS細胞を利用した移植医療に適したマウス皮膚移植実験モデルの開発に成功。 MHC型を一致させた移植であってもT細胞が反応し、拒絶反応が生じることを発見。 ...
医療・健康

血管の形成を促進する自己組織化粒子ゲルを開発

高価な成長因子の添加が不要 再生医療の基盤材料として期待 2020-07-06 物質・材料研究機構 NIMSは、再生医療での細胞・組織移植で重要となる、新しい血管の形成を促進させる低コストな自己組織化粒子ゲルを開発しました。現在使われて...
医療・健康

同種iPS細胞由来軟骨移植による関節軟骨損傷の再生について

2020-01-24 京都大学医学部附属病院,京都大学iPS細胞研究所(CiRA),日本医療研究開発機構(AMED) 概要 京都大学医学部附属病院は、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と連携し、ヒトiPS細胞からiPS細胞由来軟骨...
医療・健康

角膜内皮再生医療の新しい数値指標の開発に成功

物理マーカーで予後の予測を可能に 2019-07-23 京都大学  田中求 高等研究院特任教授(ドイツ・ハイデルベルク大学教授)と山本暁久 同特定助教の研究グループは、外園千恵 京都府立医科大学教授、上野盛夫 同学内講師らの研究グル...
医療・健康

組織を走る波による器官の形作りの調節

隣の細胞にシグナルを伝えながら上皮は折れ曲がっていく 2018-07-06 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター形態形成シグナル研究チームの小椋陽介基礎科学特別研究員、林茂生チームリーダーとフィジカルバイオロジ...
医療・健康

毛包器官再生医療に向けた非臨床試験開始について

2018-06-04 オーガンテクノロジーズ, 理化学研究所 株式会社オーガンテクノロジーズ(代表取締役:杉村泰宏 以下、オーガンテクノロジーズ)、 並びに国立研究開発法人理化学研究所(理事長:松本紘 以下、理研)は、再生医療分野であ...
医療・健康

水疱性角膜症に対する培養ヒト角膜内皮細胞移植の臨床研究

安全性と有効性を確認し、POC(概念実証)を獲得 2018-03-15 京都府公立大学法人京都府立医科大学,学校法人同志社同志社大学,国立研究開発法人日本医療研究開発機構 ポイント 水疱性角膜症に対する新規再生医療技術である培...
医療・健康

日本発の「バイオセラミックスの再生医療用特性評価法」に関する国際規格が発行

再生医療分野における国際市場の獲得を目指して 2018-01-29 産業技術環境局 再生医療ニーズの拡大に伴い、再生医療に利用されるバイオセラミックスの重要性が世界的に増加しています。今回、日本が提案した「バイオセラミックス...
ad
タイトルとURLをコピーしました