放線菌

天然化合物を生産する微生物の潜在能力の開発~新規エラスニン誘導体に強い抗菌活性を発見~ 有機化学・薬学

天然化合物を生産する微生物の潜在能力の開発~新規エラスニン誘導体に強い抗菌活性を発見~

2024-04-26 理化学研究所 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター 天然物生合成研究ユニットの高橋 俊二 ユニットリーダー、イスラム・アデル・アブデルハキム・アミン 基礎科学特別研究員らの共同研究グループは、放線菌Strept...
遺伝子資源を化合物資源へ~生合成遺伝子の異種発現による安定生産で実現~ 有機化学・薬学

遺伝子資源を化合物資源へ~生合成遺伝子の異種発現による安定生産で実現~

2020-12-15 理化学研究所 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター天然物生合成研究ユニットの高橋俊二ユニットリーダー、ケミカルバイオロジー研究グループの野川俊彦研究員、長田裕之グループディレクターらの共同研究グループは、放線菌...
放線菌代謝物5aTHQ類は凝集体形成により機能が増強することを解明 有機化学・薬学

放線菌代謝物5aTHQ類は凝集体形成により機能が増強することを解明

微生物による二次代謝物産生の意義に迫る 2019-08-09  京都大学 掛谷秀昭 薬学研究科教授、西村慎一 同助教(現・東京大学講師)、杉山龍介 同博士課程学生(現・理化学研究所特別研究員)、仲谷崇宏 同修士課程学生(研究当時)、尾仲宏康...
放線菌を用いたボツリオコッセン生産 有機化学・薬学

放線菌を用いたボツリオコッセン生産

テルペノイド生産プラットフォームの開発 2017年12月12日 理化学研究所 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター天然物生合成研究ユニットの高橋俊二ユニットリーダー、ケミカルバイオロジー研究グループの室井誠専任研究員、長田裕之グルー...
ad
タイトルとURLをコピーしました