炎症性腸疾患(IBD)

生物工学一般

研究室で培養された「ミニ内蔵」がクローン病の治療法を変えるかもしれない(Lab-grown ‘mini-guts’ could change how we treat Crohn’s disease)

2024-06-11 ケンブリッジ大学 クローン病は炎症性腸疾患(IBD)の一種で、消化管の炎症を特徴とし、英国では約350人に1人が影響を受けています。特に18歳未満で発症する例が多く、軽度でも腹痛、下痢、体重減少、疲労など生活の質に重大...
医療・健康

炎症性腸疾患の主な原因を発見(Major cause of inflammatory bowel disease discovered)

2024-06-07 インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL) フランシス・クリック研究所とUCL、インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者たちは、特定の白血球の活動を活性化し、炎症を引き起こしてIBDリスクを高めるDNA領域を発見しまし...
医療・健康

炎症性腸疾患は心不全のリスクを高める可能性(Inflammatory bowel disease may increase risk of heart failure)

2024-05-21 カロリンスカ研究所(KI) カロリンスカ研究所の大規模レジストリ研究によると、炎症性腸疾患(IBD)は診断後最大20年間、心不全リスクがわずかに増加することが判明しました。この研究では、クローン病、潰瘍性大腸炎、未分類...
医療・健康

IBDの健康格差に関するまれな遺伝的スポットライト(A Rare Genetic Spotlight on Health Disparities for IBD)

2023-11-15 ジョージア工科大学 ◆ジョージア工科大学の研究者らは、25の希少な遺伝子変異が炎症性腸疾患(IBD)と関連していることを解明し、これらの変異がアフリカ系アメリカ人のIBDリスクにも影響するかどうかを調査しました。 ◆欧...
医療・健康

IBDの子どもたちの腸の免疫学的特徴を解明(Researchers map the immunology of the gut in children with IBD)

2023-05-10 カロリンスカ研究所(KI) ◆カロリンスカ研究所とザックス小児青少年病院は、より的を絞った治療法の設計を目指し、炎症性腸疾患(IBD)の子どもの腸内の免疫系をマッピングする研究を実施しました。 ◆研究チームは、フローサ...
医療・健康

リンパ腫のリスクが高いIBDの患者さん(Patients with IBD at higher risk of lymphoma)

2023-04-21 カロリンスカ研究所(KI) Photo: Getty Images 炎症性腸疾患(IBD)の患者は、リンパ腫の発症リスクがわずかに上昇するという研究結果が、Karolinska Institutetの研究者たちによって...
医療・健康

UCリバーサイド主導の研究により、IBDの発症メカニズムに光が当たる(UC Riverside-led study sheds light on how IBD can develop)

遺伝子欠損が炎症性腸疾患の抗菌防御力を弱めることがマウス実験で判明 Gene loss weakens antibacterial defense in inflammatory bowel disease in mouse study 2...
ad
タイトルとURLをコピーしました