神経変性疾患

医療・健康

タンパク質の修飾が神経変性疾患の鍵を握る(Protein modifications key influencers in neurodegenerative diseases)

2024-02-16 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ◆アルツハイマーやパーキンソンなどの神経変性疾患は、脳内での誤ったたんぱく質の凝集体であるアミロイドフィブリルの蓄積であり、これは通常の細胞機能を妨げ、最終的に細胞死につなが...
医療・健康

ストレスで疲弊した脳細胞が神経変性疾患の根本原因か?(Are stressed-out brain cells the root cause of neurodegenerative disease?)

2024-02-13 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) カリフォルニア大学バークレー校の研究者が新たに発見したことによれば、脳内のたんぱく質が凝集することが脳細胞の死を引き起こすのではなく、むしろ体がこれらの細胞のストレス反応をオフ...
医療・健康

炎症を司る分子STINGの活性化機構を完全解明~自己炎症性・神経変性疾患の新規治療戦略~

2024-01-12 東北大学 生命科学研究科 教授 田口友彦 【発表のポイント】 STING(注1)経路は、DNAウイルス感染から身体を守る自然免疫経路の1つです。そのSTINGのトランスゴルジネットワーク(TGN)(注2)における活性化...
ad
医療・健康

AIが神経変性疾患研究に新たな知見をもたらす(AI unlocks new insights in neurodegenerative disease research)

2023-12-12 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ◆スイスのEPFL(Ecole polytechnique fédérale de Lausanne)の研究者は、新しい手法「LINA」を開発し、神経変性疾患の中心的なプロセ...
医療・健康

免疫系:アラミン放出のメカニズムを発見(Immune system: mechanisms of alarmin release discovered)

2023-10-31 ミュンヘン大学(LMU) ◆動脈硬化や糖尿病、アルツハイマー病など多くの一般的な疾患や神経変性疾患は炎症プロセスと関連しており、これらのプロセスを理解することは新しい治療法の開発に向けた重要なステップです。特定の免疫細...
医療・健康

“抗もつれ”分子が新たな認知症治療法の探索を助ける可能性があると科学者たちは言う。(“Anti-tangle” molecule could aid search for new dementia treatments, say scientists)

2023-09-27 バース大学 ◆科学者たちは、アルファシヌクレインと呼ばれる脳のタンパク質の絡まりを防ぐ分子を特定し、パーキンソン病などの神経変性疾患の治療や診断に新たな可能性を開いた。 ◆アルファシヌクレインは、脳細胞に存在するタンパ...
医療・健康

一部の人だけが持つ遺伝子が神経変性を防ぐ可能性を発見(Researchers discover how a gene only some of us have may protect against neurodegeneration)

2023-09-18 バッファロー大学(UB) ◆バッファロー大学の研究者は、人間の75%に存在するCHRFAM7A遺伝子の活性形態が、アルツハイマー病などの神経変性疾患に対する脳の保護を助ける仕組みを発見しました。この遺伝子は、脳細胞の柔...
医療・健康

神経炎症時の活性化グリア細胞の産生機構の解明~神経変性疾患の創薬標的の可能性~

2023-08-08 京都大学 小林亜希子 医学研究科特定准教授、吉原亨 同特定講師、萩原正敏 同教授、Andres Canela 白眉センター特定准教授らの研究グループは、神経炎症でみられる活性化アストロサイトの産生機構を明らかにし、グリ...
医療・健康

神経変性疾患の原因となる異常タンパク質の分解を 誘導する酵素を同定~神経変性疾患治療への応用~

2023-07-21 東京大学 発表のポイント 神経変性疾患の原因となるミスフォールドタンパク質を選択的にユビキチン化する酵素LONRF2を同定しました。この酵素をマウスで欠損させると、加齢依存的な神経変性疾患症状を発症しました。 これまで...
医療・健康

神経変性疾患におけるシナプス損失の一因:RNA顆粒からのRNG105の解離

2023-07-07 基礎生物学研究所 筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭型認知症(FTD)は難治性の神経変性疾患であり、これらの疾患ではFUSやTDP-43といった原因タンパク質がRNA顆粒に集積して凝集化することが知られています。し...
医療・健康

非常に不安定なタンパク質が神経変性につながる可能性(How a highly unstable protein may lead to neurodegeneration)

2023-06-05 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ◆EPFLの科学者たちは、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経変性疾患は、特定の脳領域に蓄積する繊維状の凝集物として現れる蛋白質によって引...
医療・健康

血管の変化を追跡する新手法で、脳疾患の検出が進む可能性(New method tracking changes in blood vessels could advance brain disease detection)

2023-05-25 ブラウン大学 ◆ブラウン大学の科学者をリーダーとする生物医学研究チームは、研究を通じて、アルツハイマー病などの神経変性疾患を数十年前に検出することが可能かどうかを探究してきました。彼らは、一般的な検査ではなく、ルーチン...
ad
タイトルとURLをコピーしました