神経細胞

生物工学一般

世界初、超伝導磁束量子ビットを応用した磁場センサーで 神経細胞中の鉄イオン検出に成功 ~単一細胞相当の分解能を持つ高精密病理検査の実現に向けた原理を確立~

2023-02-06 日本電信電話株式会社,静岡大学,科学技術振興機構 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島田 明)と静岡大学(本部:静岡県静岡市、学長:日詰 一幸)は、超伝導磁束量子ビットにより、世...
医療・健康

学習・記憶を制御するアセチルコリンの神経細胞内シグナル伝達機構を解明~アルツハイマー型認知症の新治療法の開発に期待~

2022-06-23 藤田医科大学,日本医療研究開発機構 発表のポイント マウス脳の線条体・側坐核スライスを用いて、アセチルコリンがムスカリン受容体M1Rを介してリン酸化酵素 PKCを活性化することを見出しました。 独自に...
生物化学工学

胎児の神経を形作る仕組みは精密な温度センサー ~母体の体温維持が神経の成熟に重要であることを示唆~

精製したたんぱく質は熱に弱く、機能を失いやすいため、体温付近での性質を調べるのが一般に困難。赤外レーザーによる精密加熱技術を用いて体温付近での実験に成功したことで、神経細胞が力を出し、形を変えるときに働くたんぱく質に、温度センシング能力があることを発見。
生物化学工学

数分間の時間認知を担う脳の神経活動を発見

2021-02-05 東京大学 東京大学大学院薬学系研究科博士課程の鹿野悠大学院生(研究当時)、佐々木拓哉特任准教授、池谷裕二教授の研究グループは、脳の海馬と線条体の神経細胞が、分単位の時間の流れに対応して活動することを発見しました。...
細胞遺伝子工学

線虫の全脳神経活動を1細胞レベルで神経回路にマッピングする方法の開発

2020-03-19   東京大学 豊島 有(生物科学専攻 助教) Wu Stephen (情報・システム研究機構統計数理研究所 データ科学研究系 助教) 吉田 亮(情報・システム研究機構 統計数理研究所 教授) 飯野 雄一(生...
細胞遺伝子工学

大脳の領域同士の「つながり」をまねた人工神経組織をヒトiPS細胞から作製

  2019-04-19 東京大学生産技術研究所 ○発表者: 池内 与志穂(東京大学 生産技術研究所 准教授) ○発表のポイント: ◆大脳は機能ごとにたくさんの領域に分かれています。遠い領域間は、神経細胞の「軸索」が集まった...
生物化学工学

神経細胞が脳内を移動するための仕組みを解明

移動に必要な推進力を生み出す分子が明らかに ~脳疾患解明への応用に期待~ 2018-10-17 奈良先端科学技術大学院大学,日本医療研究開発機構,名古屋市立大学 概要 奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大、学長:横矢直和)先端科学...
医療・健康

神経軸索が正しい方向に伸びる仕組みを解明~進路決定のための高感度ナビゲーターが明らかに~

脳疾患の解明や再生医療への応用に期待 2018-08-07 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構,カリフォルニア大学デービス校 概要 奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大、学長:横矢直和)...
細胞遺伝子工学

樹状突起が適切な方向に伸びる仕組み

世界初:新生児マウス脳で神経細胞を長期間くり返し観察することに成功 2018-08-07 国立遺伝学研究所 Differential dynamics of cortical neuron dendritic trees revea...
生物化学工学

動物はどうやって危険を察知することができるようになるのか?

魚類の恐怖条件付け学習の神経回路を発見 2018-04-25 総合研究大学院,国立遺伝学研究所 初期発生研究部門・川上研究室 Identification of a neuronal population in the telenc...
医療・健康

神経細胞のつながりは積極的に壊される

シナプスで放出されるBMP4の新しい役割を解明 2018-01-24 東京大学,科学技術振興機構(JST) 神経発生の過程で重要な役割を持つBMP4(骨形成因子4)が海馬や大脳皮質のシナプス除去を直接制御すること...
医療・健康

成長期の神経の「試運転」を可視化~赤ちゃんマウスの脳で発見された新しいタイプの自発神経活動~

国立遺伝学研究所 形質遺伝研究部門・岩里研究室 Patchwork-type spontaneous activity in neonatal barrel cortex layer 4...
ad
タイトルとURLをコピーしました