AI

細胞遺伝子工学

iPS細胞で人体への毒性物質をオールマイティに検出するStemPanTox

2022-06-07 京都大学iPS細胞研究所 ポイント 幹細胞に添加するだけで成人への毒性を持つ物質をAIで検出できるシステムを開発。 iPS細胞を用いて将来は個人の特性を反映した毒性検査ができる可能性。 1....
医療・健康

膵臓がんを非造影CT画像から検出するAI技術の共同研究を開始~膵臓がんのより早期の発見を支援し、さらに多くの患者の救命やQOL向上に貢献~

2022-04-25 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院,富士通株式会社 一般財団法人 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院(注1、以下 総合南東北病院)と富士通株式会社(注2、以下 富士通)は、富士通Japan株式会社(注3、以下...
医療・健康

「糖尿病性腎臓病重症化予防プログラム(実証研究)」において、AIを活用した患者への保健指導を開始

糖尿病性腎臓病の重症化の予防と、患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の改善に向けて、重症化に関連するリスク因子を算出するAIを活用した患者への保健指導を開始しました。
医療・健康

富士通、東大病院と心電図から心臓の動きの異常を推定するAIの臨床研究を開始

心電図のデータから心臓の動きの異常を推定するAIについて、その有効性を検証するための臨床研究を東大病院において開始予定。
医療・健康

「AIによる筋病理判読アルゴリズム」の開発~深層学習を用いてAUC 0.996の判別精度を達成~

人工知能(AI)を利用した筋病理標本判読アルゴリズムを開発した。本アルゴリズムは病理画像から筋炎を判別する。アルゴリズムの判別精度は専門医に匹敵するという結果が得られた。
有機化学・薬学

生物進化の仕組みをAIに取り込むことで、細胞内の代謝経路を新たに創り出す技術を開発

生物を活用した低環境負荷の原料製造プロセスを構築し、持続可能な産業の実現に貢献 2020-10-08 株式会社日立製作所 日立は、さまざまな物質の生化学反応を学習させたAIに、生物進化のメカニズムを組み込むことで、細胞が有用物質...
生物環境工学

画像によるコムギ穂自動検出のための大規模なデータベースを作成

農業および研究現場に使えるAIツールの開発に期待 2020-08-21 東京大学 発表者 郭   威(東京大学大学院農学生命科学研究科付属生態調和農学機構 助教) 石川 吾郎(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機...
医療・健康

脳とAIエージェントの同時学習で、痛みをコントロールする脳のシステムを強化できる

2020-08-14 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR),国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 本研究成果のポイント 体の傷が癒えた後も痛みが長時間続く症状を、「慢性疼痛」と呼びます。慢性疼痛は、身体の損傷...
医療・健康

“光生検”切らずにその場でがんをすぐ診断―イメージングで組織を傷つけずに立体観察、AIが自動診断―

2020-07-23 大阪大学,九州大学,株式会社ニコン,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント 生体イメージング技術の応用により、ヒトの組織を体から切り取ったり染色したりせずに、生きたままのヒト組織が3次元で可視化できる...
有機化学・薬学

AIが CO2 のアップリサイクルを支援 (AI helps researchers up-cycle waste carbon)

2020/5/13 カーネギーメロン大学 ・ カーネギーメロン大学とトロント大学の研究チームが、CO2 をエチレンに転換する新しい触媒の鍵となる材料開発の能率の向上を目指し、人工知能(AI)を活用。 ・ その結果得られた電解触媒は、...
ad
タイトルとURLをコピーしました