cAMP シグナル伝達系

生物化学工学

「ゼニゴケ」が精子の機能や鞭毛運動研究の推進に貢献 植物の精子の運動性に「cAMPシグナル伝達系」が鍵となることが明らかに

2024-04-11 立命館大学,東京大学,福井県立大学,京都大学 立命館大学生命科学部の笠原賢洋教授、山本千愛元初任助教(現・筑波大学下田臨海実験センター研究員)、高橋文雄元講師(現・東邦大学薬学部講師)らの研究グループは、東京大学大学院...
ad
タイトルとURLをコピーしました