生物工学一般

生物工学一般

細胞運動能の起源と進化に迫る ~自ら動く『最小の』生命体を作り出すことに成功~

2022-12-01 大阪公立大学,産業技術総合研究所,科学技術振興機構 ポイント 最少の遺伝情報のみで生きる合成細菌に、運動装置となるたんぱく質を導入。 球状であった合成細菌が、らせん形状になり泳ぐことを確認。 ...
生物工学一般

UB の数学者が神経細胞の活動をマップ化する代替方法を提案(UB mathematicians propose alternative method to map neuron activity)

2022-11-30 バッファロー大学(UB) 研究者による、ニューロン間通信のマッピング方法に影響を与える可能性のある論文が、このほどNature誌「Communications Physics」に掲載された。 この論文は、神経細胞複...
生物工学一般

海を肥やして二酸化炭素を貯める(Fertilizing the Ocean to Store Carbon Dioxide)

鉄系肥料をナノ粒子に加工し、余分な二酸化炭素を海に貯留することに成功(Iron-based fertilizer, engineered into nanoparticles, could help store excess carbon ...
ad
生物工学一般

未知の化合物の探索と活用 ~システム生物学のミッシングリンク、「メタボロームデータ」の整備~

2022-11-24 国立遺伝学研究所 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所、かずさDNA研究所、東北メ東北大学ディカル・メガバンク機構、株式会社さくら科学、京都大学の共同研究チームは、特定の生物に存在する未知の化合物を探索できる...
生物工学一般

無駄な筋肉をより良く作り直す(Wasting muscles built back better)

プログラム可能なメカニカルアクティブ粘着剤が筋肉を伸縮させ、萎縮の予防と回復を可能にします。 Programmable mechanically active adhesive makes muscles stretch and cont...
生物工学一般

より本物の心臓に近い心臓オルガノイドによる薬剤の効果を評価するシステム 〜細胞間コミュニケーションを研究できるツールの開発〜

2022-11-21 京都大学iPS細胞研究所 ポイント ヒト心筋線維芽細胞において、p38阻害剤単独または免疫抑制剤タクロリムスやシロリムスとの併用により、線維化を抑えることが可能であった。 iPS細胞由来の心臓オル...
生物工学一般

寛容な子育てに必要な脳~我が子荷にならず?サルも育児は忍耐の連続~

2022-11-21 理化学研究所 理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター 親和性社会行動研究チームの篠塚 一貴 研究員、黒田 公美 チームリーダーらの国際共同研究グループは、霊長類(サル)の子育ての寛容性に必要な脳部位を特定しま...
生物工学一般

細胞のマイクロ環境を操作~局所流体操作で10個以下の細胞を刺激~

2022-11-17 理化学研究所 理化学研究所(理研)⽣命機能科学研究センター 集積バイオデバイス研究チームの太田 亘俊 研究員、田中 陽 チームリーダー(研究当時)らの研究チームは、複数のガラスキャピラリーを組み込んだマイクロ流体...
生物工学一般

〝酵母〟なのか〝キノコ〟なのか二面性持つシロキクラゲ目の新種発見、分類の一部見直しも提唱

2022-11-16 筑波大学 菌類はさまざまな姿形をとることが知られており、その形態に応じて呼称が変わります。顕微鏡レベルの微小な菌糸を主体とするものは「カビ」と呼ばれます。いわゆる「キノコ」は、胞子をつくるために菌糸が集合...
生物工学一般

ラットも音楽のビートに合わせて身体を動かすことを発見 ~音楽やダンスの起源は、動物種共通の脳のダイナミクスか?~

2022-11-12 東京大学 私たち人間は音楽に対して自然に身体を動かし、ビートを取る「ビート同期」運動を示します。なかでも人間のビート同期運動は120~140BPMで最も顕著になるため、多くの音楽は、120から140BPMで作曲さ...
生物工学一般

細胞成分の無染色ラベリングに道を拓いた研究者たち(Researchers open door to stain-free labeling of cellular components)

2022-11-11 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 科学者たちは、蛍光標識なしで迅速かつ確実に個々の細胞をスクリーニングする新しい方法を開発した。この研究成果は、腫瘍の早期診断と薬剤開発に新たな道を開くものである。 顕微鏡...
生物工学一般

長寿命の反転型オルガノイドで腎臓病の病態がよりよくわかる(Long-lived Inverted Organoids Offer Better Glimpse Into Kidney Disease)

2022-11-11 ジョージア工科大学 This proximal tubule organoid is 30 days old, and will survive at least another 60 days. The 9...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました