生物工学一般

生物工学一般

哺乳類の胎盤はどのように進化してきたか(How placentas evolved in mammals)

妊娠の起源を探る研究、真獣類の最後の共通祖先に胎盤が侵入していたことを指摘 Research delves into the origins of pregnancy, pointing to an invasive placenta i...
生物工学一般

不適切な成育環境が成長後に社会生活上の困難さを生じさせる仕組みを解明 ~マウスモデルで神経回路の異常を発見~

2022-06-30 国立精神・神経医療研究センター 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)精神保健研究所精神薬理研究部の國石洋リサーチフェロー、山田光彦部長らは、思春期(1)における社会経験の剥奪によりマウスの眼...
生物工学一般

CAMSAP2タンパク質による中心体に依存しない微小管ネットワーク形成のしくみを解明 ~ 細胞の形を作る仕組みの一端を解明~

2022-06-28 神戸大学 神戸大学大学院医学研究科の仁田亮教授、今崎剛助教らの研究グループは、理化学研究所生命機能科学研究センターの竹市雅俊客員主管研究員 (理研名誉研究員)、同放射光科学研究センター生物系ビームライン基盤グルー...
生物工学一般

再生医療用細胞レシピをロボットとAIが自律的に試行錯誤~ロボット・AI・人間の協働は新しいステージへ~

2022-06-28 理化学研究所,ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社,エピストラ株式会社,科学技術振興機構 動画テキストファイル(PDF 1.2MB) 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター網...
生物工学一般

画像データから上皮細胞の力学パラメータを推定する手法を開発

2022-06-24 東京大学 荻田 豪士(生物科学専攻 技術補佐員) 近藤 武史(京都大学大学院生命科学研究科 特定講師) 井川 敬介(生物科学専攻 特任助教(研究当時)) 上村 匡(京都大学大学院生命科学研究科 教授) 石...
生物工学一般

グアドループのマングローブで発見された巨大バクテリアは、従来の概念に疑問を投げかけている(Giant Bacteria Found in Guadeloupe Mangroves Challenge Traditional Concepts)

2022-06-23 ローレンスバークレー国立研究所(LBNL) Single filament of Ca. Thiomargarita magnifica (Credit: Jean-Marie Volland) 通常、細菌...
生物工学一般

光照射とfMRIでサルの脳内ネットワークを明らかに 〜霊長類におけるオプトfMRI技術に進展〜

2022-06-22 生理学研究所 内容 脳全体の活動を同時に計測する手法として機能的磁気共鳴画像法(fMRI)が広く用いられていますが、近年、神経細胞の活動を光で制御するオプトジェネティクス(注1)とfMRIを組み合わせた新しい脳機能...
生物工学一般

脳組織において狙った細胞の神経伝達物質受容体の活性化に成功 ~記憶・学習のメカニズム解明に期待~

2022-06-16 名古屋大学,京都大学,慶應義塾大学,科学技術振興機構 ポイント 脳内の神経回路の働きを理解するために、記憶・学習をつかさどる神経伝達物質受容体であるグルタミン酸受容体を細胞種選択的に活性化する技術が...
生物工学一般

物性測定に基づいた虫の動きの高精度シミュレーション

2022-06-15 電気通信大学,東京大学 発表のポイント ◆ハエの幼虫の粘弾性および筋力を物性物理の手法を用いて測定 ◆得られた物性値に基づいて、虫の動きを定量的に再現する神経力学モデルを構築 ◆動物に着想を得るソフトロ...
生物工学一般

心臓のエンジニアリングの核心に迫る(Getting to the heart of engineering a heart)

ヒト幹細胞由来の臓器構成ブロックを用いてバイオプリントした心臓組織の機能層に、収縮力をプログラムできる新たな組織工学の可能性を発見 New tissue engineering capabilities enable researcher...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました