2022-07

医療・健康

眼窩内海綿状血管奇形の新規疾患関連遺伝子変異(GJA4変異)を同定~血管奇形の新たな発症メカニズム解明や治療法開発につながる期待~

2022-07-29 東京大学医学部附属病院 血管奇形は異常血管が集合し形成されるもので、全身に生じ様々な臓器の機能障害をきたしうる疾患です。外科的・内科的治療を組み合わせた治療が行われるものの依然根治が困難な症例も多く、重症例は厚生...
医療・健康

歩行時の安定性を測定するための新しいフレームワーク(New Framework for Measuring Stability During Walking)

2022-07-29 ジョージア工科大学 Golyski Sawicki CAREN 人間が歩行中に下肢を使ってどのように安定させるかを調査しています。Journal of the Royal Society Interface...
生物環境工学

甲殻類による受粉(Pollination by Crustaceans)紅藻類は甲殻類による受粉の恩恵を受ける(Red algae benefit from the pollination by crustacean)

2022-07-28 マックス・プランク研究所 The marine isopod Idotea balthica © Wilfried Thomas, Station Biologique de Roscoff (SBR) ...
ad
細胞遺伝子工学

ネアンデルタール人の脳は、現代人の脳とは異なる発達を遂げていた(The brains of Neanderthals developed differently from those of modern humans)

現代人の脳幹細胞は、娘細胞への染色体分配のミスが少ない Brain stem cells of modern humans make fewer mistakes in the distribution of their chromoso...
生物環境工学

国家のマイルストーン、生物多様性への一縷の望み-シンガポールのアリたち(A Milestone for a Nation, a Sliver of Hope for Biodiversity—the Ants of Singapore)

2022-07-19 シンガポール国立大学(NUS) The faces of some Singapore ants. Credit: Maimon Hussin, LKCNHM 科学者たちは、シンガポールで世界のどの都市よりも多...
医療・健康

コレラ菌の生存に必須である呼吸鎖酵素の構造を解明~病原性細菌に対する新しい抗菌剤の開発研究へ貢献~

2022-07-27 京都大学 先進国ではコレラはもはや深刻な感染症ではありませんが、途上国では地域的流行(エンデミック)が散発しており、依然として深刻な感染症です。また世界的に見ても、抗菌剤の効かない薬剤耐性菌の出現は大きな社会問題...
医療・健康

近赤外光が導く新たな腫瘍切除トレーニングモデルの開発

2022-07-29 愛媛大学 名古屋大学大学院医学系研究科・耳鼻咽喉科学の西尾直樹(にしお なおき)講師、曾根三千彦(そね みちひこ)教授、愛媛大学大学院医学系研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の三谷壮平(みたに そうへい)特任講師、V...
医療・健康

生体肝移植における移植片の質を評価する新しいバイオマーカー候補の同定

2022-07-29 医薬基盤・健康・栄養研究所 医薬基盤・健康・栄養研究所ワクチン・アジュバント研究センター免疫老化プロジェクト 山本拓也プロジェクトリーダー、高濱正吉研究員は、九州大学大学院医学研究院消化器・総合外科 吉住朋晴教授...
有機化学・薬学

共生細菌のつくる化合物が大腸菌を活性化 ~有用物質の工業生産効率向上や害虫防除への貢献に期待~

2022-07-29 豊橋技術科学大学,基礎生物学研究所 <概要> 豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所 中鉢 淳准教授、応用化学・生命工学系 広瀬 侑准教授らの研究チームは、基礎生物学研究所 亀井 保博特任...
医療・健康

苦い真実:薬の味は苦味受容体遺伝子のバリエーションによって決まる(The Bitter Truth: The Taste of Some Medications Depends on Variations in Bitter Receptor Genes)

2022-07-28 マサチューセッツ大学アマースト校 Frontiers in Genetics誌のニュートリゲノミクス特集号に掲載された新しい研究は、2種類の一般的な抗生物質の苦味の程度が、人々の苦味受容体TAS2Rの遺伝的差異と関係...
未分類

「永遠の化学物質」を浄化する新しいバイオレメディエーション材料を開発(Texas A&M AgriLife develops new bioremediation material to clean up ‘forever chemicals’)

持続可能で安価な方法は、商業的な応用の可能性がある Sustainable, cheaper method has potential for commercial applications 2022-07-28 テキサス A&...
医療・健康

頭頸部がん診断後の健康的な食事が生存率を高める可能性(Healthy diet after head, neck cancer diagnosis may boost survival)

2022-07-27 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 頭頸部扁平上皮がん患者は、慢性疾患を抑制する栄養素を多く含む健康的な食事を摂っていれば、診断後3年間に何らかの原因で死亡する確率が93%低いことが、最近の研究で明らかになった。 ...
ad
タイトルとURLをコピーしました