2022-07-01

医療・健康

社会のつながりのうらおもて~新型コロナウイルス感染拡大の実態調査とグローバルな対立への教訓~

2022-06-30 京都大学 私たちは、つらい時に仲間とつながり元気をもらう事があります。しかし仲間意識は過度になるとグループ間の対立をひき起こす事もあります。この様な社会の絆(きずな)の2面性は、これまで繰り返し指摘されていますが...
未分類

果樹が季節に応答して休眠から目覚めるしくみを解明~果樹の休眠と発芽におけるヒストン修飾の寄与を解析~

2022-07-01 京都大学 山根久代 農学研究科准教授、Wenxing Chen 同博士課程学生(研究当時:華中農業大学交換留学生、現:華中農業大学ポスドク)、松下美和子 同修士課程学生(研究当時)、玉田洋介 宇都宮大学准教授の研...
生物化学工学

細胞内における相分離の基礎的なメカニズムを解明

2022-06-30 東京大学生産技術研究所 1.発表者 田中 肇(研究開始当時:東京大学生産技術研究所 教授 現:東京大学名誉教授/東京大学先端科学技術研究センター シニアプログラムアドバイザー(特任研究員)) 2.発...
有機化学・薬学

どんな細胞も瞬時に望みの位置にくっつける「光活性化細胞付着剤」の開発~がん細胞を退治する免疫細胞の識別に応用~

2022-07-01 東京大学 1.発表者: 山口 哲志(東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 准教授) 山平 真也(元:東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 特任研究員、現所属:聖路加国際大学 医科学研究セン...
医療・健康

血液がんに対する包括的ゲノムプロファイリングのための遺伝子パネル検査の有用性を検証~血液がんに対するゲノム医療の可能性を示す~

2022-07-01 国立がん研究センター 発表のポイント 血液がんで繰り返し生じている様々な種類の遺伝子異常を網羅的に検出可能な遺伝子パネル検査を設計し、その有用性を検証しました。 前向きコホート研究を行い、初発・再発の...
医療・健康

オートファジー分解経路を制御する新たな因子を発見 ~栄養状態や分解物により選択、神経変性疾患医療への応用に期待~

2022-07-01 大阪大学,科学技術振興機構 ポイント オートファジーの分解過程でできる中間体「アンフィソーム」とリソソームの融合を制御する因子としてPACSIN1を同定し、新たなメカニズムを解明 オートファジ...
医療・健康

薬に頼らず痛みを和らげる溶ける埋め込み型デバイス(Dissolving implantable device relieves pain without drugs)

オピオイドなどの依存性の高い薬物に代わる新たなデバイスを提供できる可能性 New device could provide an alternative to opioids and other highly addictive drug...
生物環境工学

借用した遺伝子がトウモロコシの高標高・低温への適応を助ける(Borrowed Gene Helps Maize Adapt to High Elevations, Cold Temperatures)

2022-06-30 ノースカロライナ州立大学(NCState) A Teosinte mexicana plant grows on the border of a commercial cornfield. 研究者らは、HPC1...
細胞遺伝子工学

「アーキテクト」遺伝子を研究するため、合成DNAを工学的に設計(Scientists Engineer Synthetic DNA to Study “Architect” Genes)

人工Hox遺伝子の構築により、細胞が体内で自分の位置を覚える仕組みを解明 Building artificial Hox genes enables researchers to see how cells learn their loc...
有機化学・薬学

カリフォルニア大学の研究チームが、毛髪の成長を強力に促進するシグナル伝達分子を発見(UCI-led team discovers signaling molecule that potently stimulates hair growth)

SCUBE3が男性型脱毛症の治療薬になる可能性を発見 SCUBE3 identified as possible therapeutic treatment for androgenetic alopecia 2022-06-30 カリ...
ad
タイトルとURLをコピーしました