久留米大学

医療・健康

家族性地中海熱の責任遺伝子MEFVの働きを迅速に解析する検査方法を開発

MEFVの病原性バリアントをヒト単球系細胞株(THP-1)へ強制発現すると、パイリンインフラマソームが過剰に活性化し強い細胞死が誘導されることを発見した。
医療・健康

ウイルス感染時の応答を制御するミトコンドリアの新しい機能を発見

細胞内のエネルギー状態を検知して、抗ウイルス応答の強さを調節 2020-11-11 大阪大学,久留米大学,九州大学,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント RNAウイルス感染時の応答に、細胞内のエネルギー生産を担うミトコンド...
医療・健康

世界に先駆けたミトコンドリア病の迅速かつ全自動診断デバイスの開発

2020-10-28 久留米大学,日本医療研究開発機構 研究成果の概要 ミトコンドリア病※1は、ミトコンドリアのエネルギー産生系酵素の遺伝的異常によって引き起こされる希少疾患であり、精神・運動発達の遅れや心不全、糖尿病などの症状...
医療・健康

軽度認知障害という認知症の前段階においても、腸内細菌は認知機能低下に関連することを見出しました

2020 01-02   国立長寿医療研究センター,東北大学,久留米大学,株式会社テクノスルガ・ラボ ポイント 研究チームは、もの忘れ外来の患者さんから便検体を集め、腸内細菌と認知機能との関係を調査しています。今年1月にも認知症...
ad
タイトルとURLをコピーしました