国立循環器病研究センター

医療・健康

動圧浮上非接触回転型遠心ポンプを用いた体外設置型連続流補助人工心臓システム「バイオフロート補助人工心臓セットHC」の保険適用

長年に渡って研究開発・製品化に取り組んできた、世界初かつ唯一の動圧浮上非接触回転型ディスポ遠心血液ポンプを用いた体外設置型連続流補助人工心臓(VAD)システムについて、保険適用を達成した。
医療・健康

急性期脳梗塞の新たな血栓溶解薬開発に向けて臨床試験を開始:国循、杏林大学など国内15施設共同のT-FLAVOR試験

急性期脳梗塞の新たな血栓溶解薬テネクテプラーゼの国内での臨床応用を目指した、医師主導の多施設共同無作為化比較試験 (T-FLAVOR)に関する治療技術の先進医療B告示が官報に掲示され、テネクテプラーゼの安全性を確認する第一段階の患者登録が始まる。
医療・健康

国循と島津製作所が共同で東アジア特有の脳血管障害リスク遺伝子の迅速評価システムを世界で初めて確立

RNF213遺伝子p.R4810K多型「本多型」をリアルタイムPCR法によって評価できるシステムを確立した。本多型は、脳血管障害リスク遺伝子の中でも、脳梗塞発症との関連が最も強いと考えられている遺伝子多型 (変異) です。2021年9月1日から、国内の医療機関を対象に研究目的に限定した、血液検体中の本多型の有無を評価する受託分析を開始。
医療・健康

COVID-19蔓延下の急性期脳梗塞に対する再開通療法におけるワークフローの時間の変遷の検証

2021-08-19 国立循環器病研究センター 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市,理事長:大津欣也,略称:国循)の吉本武史 脳神経内科医師,豊田一則 副院長らの研究チームは,急性期脳梗塞に対する再開通療法(静注血栓溶解療法あるい...
医療・健康

脳卒中の予後(死亡率)と脳卒中専門医師数の関係について~ビックデータを用いて初めて可視化に成功~

J-ASPECT研究データを用いて、院内での脳卒中死亡率と、病院あたりの脳卒中専門の医師数との相関関係を分析し、脳卒中の予後(死亡率)に与える影響を初めて明らかにした。
医療・健康

AIと天気情報等の活用による熱中症発症数の高精度予測 – 熱中症発症数AI予測モデル開発の成功

人工知能(AI)技術の機械学習を用いて、気象データ等から熱中症発症数を高精度に予測するAIモデルを世界で初めて作成。
医療・健康

発症前から身体機能に障害を有する脳梗塞患者に対する血管内治療の治療効果

大規模登録研究のデータベースをもとに、発症前から身体機能に障害を有する脳梗塞患者に対する血管内治療が、内科治療のみと比較して脳梗塞後の障害を軽減させる可能性を示した。
生物化学工学

荷重負荷(姿勢や体重により骨にかかる力)で増加して骨形成を促進する骨膜ホルモンの発見

骨膜から分泌されるオステオクリン(Osteocrin, OSTN)は荷重の負荷で発現が増加し、骨の形成を促進することを明らかにした。
医療・健康

ブルガダ症候群における突然死の遺伝的リスクを解明

心臓突然死の原因のひとつであるブルガダ症候群において機能低下型SCN5A変異が突然死の遺伝的リスクとなることを世界で初めて示した。
医療・健康

脳出血超急性期患者の臨床転帰/積極降圧療法の効果と腎機能:研究者主導国際共同試験 ATACH-2 の副次解析

ATACH-2試験参加者において、脳卒中発症時の腎機能が、臨床転帰や積極降圧療法の有効性・安全性に影響を及ぼすかを調べた。
ad
タイトルとURLをコピーしました