国立循環器病研究センター

医療・健康

機械学習を用いて気象データと暦情報から一日あたりの平均気温や気温差などによる院外心停止発症リスクを高精度に予測することに成功

機械学習を用いて気象観測データと暦データを基にした院外心停止発症予測モデルを世界で初めて作成した。
有機化学・薬学

コレステロール代謝を制御するタンパク質:成熟型PCSK9は、 スタチン反応性低下症例の同定に有用であることを報告

コレステロール代謝を制御するタンパク質:成熟型PCSK9濃度の測定は、コレステロール低下薬剤:スタチンへの反応性低下症例の同定に有用であることの報告をした。
医療・健康

都市部地域住民における咀嚼機能と循環器病発症との関連について

吹田研究参加者である50~79歳の都市部一般住民のうち、歯科検診を受診した1,547名(男性652名、女性895名)を対象に、循環器病の新規発症を追跡した。最大咬合力が低い対象者は高い対象者にくらべ、循環器病の新規発症が多いことが明らかとなった。
医療・健康

遺伝性脳小血管病CADASILに対する新薬 医師主導治験開始へ

ペプチドホルモンであるアドレノメデュリン(AM)投与による遺伝性脳小血管病CADASILに対する有効性評価を主目的とした医師主導治験を2021年秋頃より開始することとした。AMは、CADASILにおいて、血管新生・抗炎症・大脳白質再生作用を期待できる革新的治療薬であると期待されている。
細胞遺伝子工学

心筋自己再生を誘導する新規遺伝子Klf1の発見

ゼブラフィッシュを用いて成熟心筋細胞の再生誘導で中心的に機能する転写因子Krüppel-like factor 1 (Klf1) の同定に成功した。
医療・健康

AIを活用した冠動脈疾患の診断支援およびリスク予測に関する研究開発を開始

国民の健康寿命の延伸や医療費抑制に貢献するため、AI(人工知能)を活用した冠動脈疾患の診断支援およびリスク予測に関する研究開発を開始した。
医療・健康

JROAD―DPCデータにおける急性心筋梗塞および心不全診断の妥当性の検討

診療群分類包括評価(DPC)データの診断妥当性に関して5医療機関の臨床データを基に検証を行った。
医療・健康

心不全につながる難病「肺高血圧症」の重症化メカニズムを解明

肺動脈性肺高血圧症の発症・重症化において、芳香族炭化水素受容体の活性化が重要な役割を果たしていることを明らかにした。
医療・健康

90歳以上の脳梗塞患者に対する血管内治療の治療効果

国内多施設共同研究「RESCUE-Japan Registry 2」のサブ解析 2021-03-02 国立循環器病研究センター,日本医療研究開発機構 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:小川久雄、略称:国循)の藤田恭平元...
医療・健康

家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体の予後悪化に関与する遺伝子変異型が判明

2021-2-22 国立循環器病研究センター 家族性高コレステロール血症において、脂質代謝異常に関与する2つの遺伝子変異型を有する症例は、心筋梗塞などの動脈硬化性心血管疾患発症リスクが顕著に高いことを、国立循環器病研究センター(大阪府...
ad
タイトルとURLをコピーしました