小脳の運動調節

医療・健康

リン酸化酵素・γ型プロテインキナーゼCが運動制御に 重要な役割を果たすことを解明

成熟期の小脳プルキンエ細胞に存在するプロテインキナーゼCγ(PKCγ)が協調運動の制御に重要な役割を果たしていることを明らかにしました。PKCγはBKチャネルの機能を抑えることで、樹状突起を信号が伝わりやすくすること、その結果、小脳皮質からの出力信号が大きくなり、滑らかな(協調)運動が可能になることが明らかになりました。
ad
タイトルとURLをコピーしました