細胞治療

新規ナノ構造体を基盤とするナノ注射器が拓く細胞治療の未来 1,000万個の細胞に複数たんぱく質を「高効率」「高生存率」導入 ~たんぱく質を用いたがん治療およびNMR解析への利用を実証~ 生物工学一般

新規ナノ構造体を基盤とするナノ注射器が拓く細胞治療の未来 1,000万個の細胞に複数たんぱく質を「高効率」「高生存率」導入 ~たんぱく質を用いたがん治療およびNMR解析への利用を実証~

2024-05-16 早稲田大学 発表のポイント 導電性高分子と金属から成る複合ナノチューブシートを改良し、複数のタンパク質を細胞内に高効率・高生存率で導入するための新規ナノ構造体(ナノ注射器)を開発。 再生医療分野で取り扱うために必要な細...
世界初!クローン病や急性GVHDに対する新たな細胞治療 医療・健康

世界初!クローン病や急性GVHDに対する新たな細胞治療

「羊膜間葉系幹細胞の治験製品提供と医師主導治験」を開始 平成29年12月12日 兵庫医科大学病院 北海道大学病院 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 兵庫医科大学病院(兵庫県西宮市、病院長:難波光義)、および北海道大学病院(北海道札幌市、...
ad
タイトルとURLをコピーしました