ES細胞

生きたES細胞で転写因子の機能を分子精度で定量~分化多能性を維持する新機構を発見、再生医療への応用が期待~ 細胞遺伝子工学

生きたES細胞で転写因子の機能を分子精度で定量~分化多能性を維持する新機構を発見、再生医療への応用が期待~

2023-08-23 理化学研究所,広島大学,東京大学 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター 先端バイオイメージング研究チームの渡邉 朋信 チームリーダー(広島大学 原爆放射線医科学研究所 教授)、細胞極性統御研究チームの岡田 康志...
ES細胞塊を簡単に単離できるデバイス~遺伝子改変マウスの作製を加速する~ 細胞遺伝子工学

ES細胞塊を簡単に単離できるデバイス~遺伝子改変マウスの作製を加速する~

2020-10-05 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター集積バイオデバイス研究チームの田中陽チームリーダー、船野俊一研究員、合成生物学研究チームの上田泰己チームリーダー、戸根大輔研究員らの研究チームは、遺伝子を改変し...
呼吸器の発生をつかさどるメカニズムの解明~発生現象の発見に基づくES細胞から気管組織の作出へ~ 細胞遺伝子工学

呼吸器の発生をつかさどるメカニズムの解明~発生現象の発見に基づくES細胞から気管組織の作出へ~

2020-09-03 京都大学 ジャンタシュ・アレヴ 高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi) 特定拠点准教授、土生正信 iPS細胞研究所研究員、岸本圭史 理化学研究所研究員、古川(田村)可奈 同研究員、森本充 同チームリーダー、アー...
多能性幹細胞から得られた心筋細胞はラミニン511および521によって成熟が促進する 医療・健康

多能性幹細胞から得られた心筋細胞はラミニン511および521によって成熟が促進する

2020-03-26 自治医科大学,Johns Hopkins大学,大阪大学,日本医療研究開発機構 概要 自治医科大学の大学院生Nawin Chanthra、魚崎英毅准教授らの研究グループはラミニン-511および521が多能性幹細胞から得ら...
iPS細胞やES細胞の分化能を決定する因子を同定 医療・健康

iPS細胞やES細胞の分化能を決定する因子を同定

未分化細胞由来の奇形腫発生のない安全な細胞治療法の確立を可能に 2018-02-09 公益財団法人先端医療振興財団,日本医療研究開発機構 iPS細胞やES細胞は多能性幹細胞と呼ばれ、未分化の状態を維持しながら無限に増殖する能力と、色々な細胞...
ad
タイトルとURLをコピーしました