英国:オックスフォードCOVID-19ワクチンが70%の有効性を示す

ad
ad
ad

Oxford COVID-19 vaccine 70% effective

「政策の科学」関連 海外情報(NIHR記事) 元記事公開日: 2020/11/23

オックスフォード大学とアストラゼネカ社によって開発され、国立衛生研究所(NIHR)が資金提供・支援するワクチンは、COVID-19の予防に効果的であり、高レベルの保護を提供すると発表された。フェーズ3臨床試験データの中間分析では、2回投与されたワクチンは70.4%有効であった。最初に半用量で投与し、その後全用量で投与した場合は90%有効であり、全用量で2回投与した場合は62%有効であった。ワクチンに関連する重大な安全事象は確認されておらず、参加者の入院や重篤な副作用はなかった。臨床試験には、英国、ブラジル、南アフリカのさまざまな人種および地理的グループから2万4,000人以上が参加した。米国、ケニア、日本、インドでさらなる治験が実施されており、今年度末までに6万人が参加する見込み。
https://www.nihr.ac.uk/news/oxford-covid-19-vaccine-70-effective/26271

タイトルとURLをコピーしました