有機化学・薬学

有機化学・薬学

抗精神病薬による認知症患者のリスク(Dementia patients at risk from antipsychotic drugs)

2024-04-19 エディンバラ大学 認知症の患者によく見られる行動や心理的症状の管理に抗精神病薬が用いられますが、これらの薬剤は脳卒中や死亡リスクの増加と関連しているため、処方には注意が必要です。エディンバラ、マンチェスター、ノッティン...
有機化学・薬学

抗てんかん薬が効く仕組みを解明~新たな抗てんかん薬やPETプローブの開発に寄与~

2024-04-18 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター タンパク質機能・構造研究チームの山形 敦史 上級研究員、白水 美香子 チームリーダー、環境資源科学研究センター 生命分子解析ユニットの堂前 直 ユニットリーダ...
有機化学・薬学

ワクチンの画期的な進歩により菌株を追う必要がなくなる(Vaccine breakthrough means no more chasing strains)

2024-04-15 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) カリフォルニア大学リバーサイド校の研究チームが、赤ちゃんや免疫不全の人でも安全に使用できる新しいRNAベースのワクチン戦略を開発しました。このワクチンは、ウイルスのゲノム内で...
ad
有機化学・薬学

授乳婦でのリバーロキサバン内服の安全性~母乳薬物移行性及び乳児曝露量の測定解析~

2024-04-15 京都大学 エコノミークラス症候群として知られる静脈血栓塞栓症では、抗凝固療法とよばれる治療が行われます。一方で、授乳婦では母乳を介した乳児への薬剤暴露が心配されます。授乳婦に現在よく使用されるワルファリンは、頻回の採血...
有機化学・薬学

てんかん治療薬がNF1マウスの脳腫瘍を防ぐ(Epilepsy drug prevents brain tumors in mice with NF1)

2024-04-15 ワシントン大学セントルイス校 A brain scan of a neurofibromatosis type 1 (NF1) patient reveals a tumor on the optic nerve co...
有機化学・薬学

関節リウマチ・潰瘍性大腸炎治療薬の薬疹リスク因子発見~遺伝子検査による薬疹の発症予防に期待~

2024-04-12 理化学研究所,国立医薬品食品衛生研究所,新潟大学 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター ファーマコゲノミクス研究チームの莚田 泰誠 チームリーダー、福永 航也 研究員(国立医薬品食品衛生研究所 医薬安全科学部 協...
有機化学・薬学

膵がんの血液バイオマーカー(アポリポプロテインA2 アイソフォームズ)が、公的医療保険で臨床使用可能になりました

2024-04-12日本医科大学,国立がん研究センター,日本医療研究開発機構 成果の概要 日本における膵がんの罹患者数は約44,000人(2019年)、死亡者数は年間約39,000人(2022年)に上ります。また、膵がんは早期に発見できれば...
有機化学・薬学

合成血小板が出血を止め、動物モデルで治癒を促進(Synthetic Platelets Stanch Bleeding, Promote Healing in Animal Models)

2024-04-11 ノースカロライナ州立大学(NCState) This illustration shows platelets (white blobs) and blood cells forming a fibrin matrix...
有機化学・薬学

一般的な糖尿病治療薬は甲状腺がんリスクを増加させないことが示唆される(Popular diabetes drugs do not increase thyroid cancer risk, study suggests)

2024-04-10 カロリンスカ研究所(KI) GLP-1アナログとして知られる薬物は、糖尿病と肥満の治療に広く使われていますが、甲状腺がんのリスクを増加させる可能性があるとの懸念がありました。しかし、カロリンスカ研究所の研究者による包括...
有機化学・薬学

イノベーションの鼓動:心臓研究にAIを活用(A Pulse of Innovation: AI at the Service of Heart Research)

2024-04-08 コロンビア大学 心臓機能と疾患の理解、新薬の試験は複雑で時間がかかる作業でしたが、人工知能(AI)と機械学習に基づく方法論を用いることで効率的で正確な心臓機能の研究が可能になります。コロンビア工学部の研究者は、心臓細胞...
有機化学・薬学

薬剤設計を支援する解釈性の高いAI予測手法を開発 ~持続可能な創薬を目指した合理的分子設計に向けて~

2024-04-05 東京工業大学,科学技術振興機構 ポイント 低分子医薬品開発のためのAI化合物設計技術MMGXを開発 異なる分子グラフ表現の組み合わせにより、AI予測結果に高い解釈性を付与 薬剤設計の効率化によって医薬品開発を加速させる...
有機化学・薬学

DNAメチル化を維持するためのUHRF1の新たな機能を発見

2024-04-08 国立遺伝学研究所 細胞が増殖する際には遺伝情報物質であるゲノムDNAが複製されます。その際、DNAだけではなく、細胞の生存に必須なDNAの修飾情報であるDNAメチル化も親細胞から娘細胞に維持されていきます。このDNAメ...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました