生物化学工学

生物化学工学

細胞内における相分離の基礎的なメカニズムを解明

2022-06-30 東京大学生産技術研究所 1.発表者 田中 肇(研究開始当時:東京大学生産技術研究所 教授 現:東京大学名誉教授/東京大学先端科学技術研究センター シニアプログラムアドバイザー(特任研究員)) 2.発...
生物化学工学

イネ栽培化の初期過程に重要な役割を果たした3つの遺伝子

2022-06-24 国立遺伝学研究所 神戸大学大学院農学研究科を中心とした、国立遺伝学研究所、英国・ユニバーシティカレッジロンドン、ウォーリック大学、ミャンマー・イエジン農科大学、カンボジア・農務省からなる国際共同研究チームは、栽培...
生物化学工学

爬虫類・両生類の老化の秘密が明らかに(Secrets of reptile and amphibian aging revealed)

爬虫類の長寿と老化に関する最大規模の研究により、野生のカメはゆっくりと年を取り、寿命も長いという初めての包括的な証拠を示し、本質的に年を取らない種も特定された Largest study on longevity and aging in...
生物化学工学

考えるための静寂~マウス、サル、ヒトの神経回路に顕著な違いを発見(Silence for thought.~Scientists map prominent differences in the neural circuits of mice, monkeys, and human)

2022-06-23 マックス・プランク研究所 Human neuronal networks, mapped from different parts of the cerebral cortex. Connectomic comp...
生物化学工学

植物細胞壁は葉から吸収された水でもできている~二種類の重水を用いた新手法により発見~

2022-06-15 森林研究・整備機構 森林総合研究所 ポイント 細胞壁の主成分であるセルロースの酸素と水素は従来根から吸収された水が起源であると考えられてきました。 本研究では、スギ苗木の根および葉からそれぞれ異な...
生物化学工学

藻類の太陽光エネルギーを吸収する仕組みを解明~高効率な光エネルギー伝達デバイスへの応用に期待~

2022-06-17 理化学研究所,東北大学,大阪公立大学,熊本大学,豊橋技術科学大学,科学技術振興機構 理化学研究所(理研)放射光科学研究センター利用技術開拓研究部門生体機構研究グループの川上恵典研究員、米倉功治グループディレクター...
生物化学工学

起きていた時間を測る神経細胞の発見~寝ないと眠くなる仕組みの一端を解明~

2022-06-17 筑波大学,日本医療研究開発機構 発表概要 本研究グループはこれまでに、線虫(注1)という単純な体の構造をした生物の睡眠と、哺乳類の睡眠を制御している遺伝子が共通していることを示してきました。今回、この線虫を用いて、...
生物化学工学

世界初 「光で駆動する巨大イオンチャネルタンパク質」を藻類から発見~深部脳領域の新たな診断・治療法の開発への応用に期待~

2022-06-17 東京大学,名古屋工業大学,香川大学,科学技術振興機構 発表のポイント: 幅広い種類の藻類が光エネルギーを使ってイオンを輸送する、巨大イオンチャネルタンパク質「ベストロドプシン」を持つことを世界で初めて発見し...
生物化学工学

微生物に金属を与えることで温室効果ガスを削減できる可能性(Giving metal to microbes could reduce greenhouse gas)

微生物が必要な金属を得られない場合、その結果はこれまで理解されていたよりも重大なものになる可能性があることを新たに発見した New research finds when microbes don’t get the metals the...
生物化学工学

遺伝子の発見が蚊の死を告げるかもしれない(Genetic discovery could spell mosquitoes’ death knell)

蚊を傷つけ、益虫を逃がす機会 Opportunity to hurt mosquitoes but spare beneficial insects 2022-06-14 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) 2018年、UCR...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました