生物環境工学

生物環境工学

「未来は菌類」: 健康な植物に生息する菌類が気候変動に敏感であることを発見(‘The future is fungal’: Research finds fungi that live in healthy plants are sensitive to climate change)

2024-02-20 アリゾナ大学 Betsy Arnold and her team accessed remote areas of the boreal forests of eastern North America by floa...
生物環境工学

キクガシラコウモリの鼻骨形態の”変わりやすさ”が超音波の地域性をうむ~頭骨の三次元幾何学的解析から初めて解明~

2024-02-19 京都大学 鼻の穴から一定の高さの超音波を発することで知られるキクガシラコウモリにおける超音波の地域性は、鼻骨形態の高い形態的変異性(変わりやすさ)と関連している可能性がはじめて示唆されました。 池田悠吾 総合博物館研究...
生物環境工学

猿にユーモアはあるのか?(Do apes have humor?)

2024-02-14 マックス・プランク研究所 人間と類人猿の間で遊び心のからかいの類似性を研究する科学者は、オランウータン、チンパンジー、ボノボ、ゴリラの4種類の大型類人猿で遊び心のからかいの証拠を見つけました。これらの行動は、プレイの特...
ad
生物環境工学

固有の魚「ホンモロコ」が産卵回帰することを発見 ホンモロコの生態解明と資源回復に繋がる世界初の研究成果

2024-02-14 京都大学 佐藤拓哉 生態学研究センター准教授、甲斐嘉晃 フィールド科学教育研究センター准教授、中山耕至 農学研究科助教、亀甲武志 近畿大学准教授、金岩稔 三重大学准教授、滋賀県水産試験場の石崎大介氏、桑村邦彦氏、岡本晴...
生物環境工学

ホッキョクグマは長い夏に適応できそうにない(Polar bears unlikely to adapt to longer summers)

2024-02-13 ワシントン州立大学(WSU) 北極クマが陸地で過ごす時間が増えると、飢餓のリスクが高まることを示唆する新しい研究があります。研究では、夏の3週間にわたって20頭の北極クマが観察され、休息、あさり、採餌などのエネルギー保...
生物環境工学

ジョロウグモが都市に出没する態勢が整った(Joro spiders well poised to populate cities)

2024-02-13 ジョージア大学 (UGA) ◆ジョロウグモは2013年ごろに米国内で初めて発見され、ジョージア州や東南部で広がっている。ジョージア大学の新しい研究では、この侵入的な蜘蛛が都市部の振動や騒音に驚くほど耐性があることが明ら...
生物環境工学

干ばつが致命的な両生類の病気を引き起こす可能性を研究者が発見(Drought may drive deadly amphibian disease, researchers find)

2024-02-09 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆カボチャヒキガエルが危機に直面しています。国際研究チームによる新しい研究によると、短期間の厳しい干ばつが、このオレンジ色の小さなカエルの微生物叢を乱し、それにより致命的な...
生物環境工学

飛翔する昆虫が人工的な光によって方向感覚を失い、閉じ込められる(Flying insects become disorientated and trapped by artificial light)

2024-02-02 インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL) イギリスの研究者が収集したスローモーションビデオから、夜行性昆虫が光に集まる理由が明らかになりました。彼らは、昆虫が光を空と誤認し、「上」として移動し、結果として墜落すること...
生物環境工学

海洋の酸性化と貧酸素化の複合的な要素がシロギスの卵に及ぼす影響を明らかに~気候変動が水産資源に及ぼす影響評価~

2024-02-01 産業技術総合研究所 ポイント 海洋酸性化・貧酸素化の複合影響に対するシロギス卵の遺伝子発現を網羅的に評価した。 遺伝子発現に対する貧酸素化の影響は海洋酸性化よりも顕著であった。 気候変動による水産資源への影響を遺伝子レ...
生物環境工学

道路や送電線沿いのエッジ生息地が希少植物保護の鍵になるかもしれない(Edge habitats along roads and power lines may be key to conserving rare plants)

2024-01-31 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆ペンシルベニア州立大学の研究によれば、森林の境界環境を管理し、樹冠カバーや植物密度の勾配を維持することが、野生のルピンなど一部の絶滅危惧種の植物を保護する鍵となる可能性が...
生物環境工学

過去2世紀におけるシンガポールの生物多様性損失を推定する新しい手法を開発(NUS scientists develop novel method to estimate biodiversity loss in Singapore over the past two centuries)

2024-01-29 シンガポール国立大学(NUS) Clockwise from top left: The garnet pitta (Pitta granatina coccinea) was last seen in Singapo...
生物環境工学

別経路で二度来訪していた絶滅危惧植物~世界遺産地域における生物多様性の成立過程~

2024-01-26 京都大学 タイワンホトトギス(ユリ科)は園芸的にも親しまれている丈夫な植物ですが、日本では西表島と沖縄本島のごく限られた地域にのみに野生する絶滅危惧種です。 この度、恒成花織 農学研究科修士課程学生(現:日本放送協会職...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました