生物環境工学

生物環境工学

借用した遺伝子がトウモロコシの高標高・低温への適応を助ける(Borrowed Gene Helps Maize Adapt to High Elevations, Cold Temperatures)

2022-06-30 ノースカロライナ州立大学(NCState) A Teosinte mexicana plant grows on the border of a commercial cornfield. 研究者らは、HPC1...
生物環境工学

エタノールが植物の高温耐性を高めることを発見~農作物を高温に強くする肥料や技術の開発に期待~

2022-06-22 理化学研究所 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター植物ゲノム発現研究チームの関原明チームリーダー、松井章浩研究員(研究当時)、戸高大輔研究員らの共同研究グループは、植物へのエタノールの投与により、高温スト...
生物環境工学

栄養が豊富過ぎると根毛は伸びなくなる~植物が環境に応じて大胆に成長を制御する仕組みを解明~

2022-06-18 理化学研究所,奈良先端科学技術大学院大学 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター細胞機能研究チームの柴田美智太郎研究員、デービッド・ファベロ研究員、杉本慶子チームリーダー、奈良先端科学技術大学院大学の細川陽...
生物環境工学

ヒゲは水流センサー ~深海での餌採りに利用、キタゾウアザラシで初確認~

2022-06-14 国立極地研究所,東京大学 図1:立派なヒゲを持つキタゾウアザラシの子供。(撮影場所:アメリカ・カリフォルニア州Año Nuevo州立公園、NMFS#23188)(安達大輝撮影) 国立極地研究所の安達...
生物環境工学

北米ではオオカバマダラの個体群が繁栄している(Monarch butterfly populations are thriving in North America)

2022-06-10 ジョージア大学 (UGA) 科学者たちは、冬のコロニーが減少しているためにオオカバマダラが大量に死滅していると警告してきた。しかし、ジョージア大学の新しい研究によると、オオカバマダラの夏の個体数は過去25年間、比較的...
生物環境工学

絶滅の危機に瀕している微生物の目録を作成(Scientists compile an inventory of endangered microorganisms)

2022-06-09 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 寒冷圏の生態系は、地球上で最も古いものの一つです。EPFLの科学者たちは、そこに生息する微生物が独自の遺伝的特徴を持つことを発見しました。彼らは、これらの生態系に生息する微...
生物環境工学

ブドウを枯らす外来昆虫が、2027年までにカリフォルニアのワイン産地に到達する可能性(Invasive Insect that Kills Grapes Could Reach California Wine Region by 2027)

2022-06-08 ノースカロライナ州立大学(NCState) ノースカロライナ州立大学の研究者の新しい分析によると、ブドウの木を枯らし、他の作物に被害を与える外来昆虫である斑点ランタンフライは、5年以内にカリフォルニア州のワイン生産郡...
生物環境工学

深海底熱水噴出孔で始原的な微生物を発見~銅まみれの予想外の生態が発見の鍵~

2022-06-07 東京大学 高宮 日南子(地球惑星科学専攻 博士課程1年) 幸塚 麻里子(地球惑星科学専攻 特任研究員) 鈴木 庸平(地球惑星科学専攻 准教授) 発表のポイント 深海底熱水噴出孔は、生命誕生の有力候...
生物環境工学

ワイルドライフのワームワイドウェブ(Wildlife’s Worm-Wide Web)

種が寄生虫を共有する方法を発見することで、生態学的な洞察と実用的な情報を得ることができる Discovering how species share parasites provides ecological insights and p...
生物環境工学

魚の共食いは野生ではまれであることが研究で判明(Fish Cannibalism Rare in Wild, Study Finds)

2022-06-02 ノースカロライナ州立大学(NCState) モスキートフィッシュとグッピーは、飼育下では共食いすることが知られているが、野生環境では共食いする可能性は極めて低く、これらの魚にまれに見られる共食いは、餌をめぐる強い競争...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました