慶應義塾大学

医療・健康

肝臓の細胞膜から重要な栄養素コリンを取り出す仕組みを発見

2023-02-02 東京大学,東京都医学総合研究所,日本医療研究開発機構 1.発表者: 村上 誠(東京大学大学院医学系研究科 附属疾患生命工学センター 健康環境医工学部門教授) 平林 哲也(東京都医学総合研究所 細胞膜研究室 主...
医療・健康

ヒト腸内細菌の1種が持久運動パフォーマンスの向上に貢献 ~腸内フローラと運動能力の関係が明らかに~

2023-01-26 慶應義塾大学,順天堂大学,産業技術総合研究所,青山学院大学,アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社,科学技術振興機構 ポイント 日本人長距離ランナーの腸内にはBacteroides uni...
医療・健康

高度線維化を伴う難治がんに対する 免疫チェックポイント阻害剤の効果を高める治療標的を解明 ~ストローマル・リプログラミングによるがん治療開発に向けて~

2022-12-22 熊本大学,科学技術振興機構 ポイント がん関連線維芽細胞(CAFs)における血小板由来増殖因子(PDGF)-PDGF受容体(PDGFR)シグナル活性化による線維化腫瘍では免疫細胞の腫瘍内浸潤が少なく...
ad
有機化学・薬学

脂質の二重結合位置を見極める新たな構造解析手法の開発 ~質量分析と情報科学で脂質代謝メカニズムの解明に貢献~

2022-12-19 理化学研究所,慶應義塾大学,科学技術振興機構 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター メタボローム研究チームの内野 春希 大学院生リサーチ・アソシエイト(慶應義塾大学大学院 薬学研究科 博士課程4年)、津川 ...
細胞遺伝子工学

血中マイクロRNAによって13種のがんを高精度に区別できることを実証~世界最大のヒト血清マイクロRNAデータベースを公開~

2022-12-07 慶應義塾大学,東京医科大学,国立がん研究センター,国立長寿医療研究センター 慶應義塾大学薬学部 松崎潤太郎准教授、東京医科大学医学総合研究所 落谷孝広教授らを中心とした、国立がん研究センター、国立長寿医療研究セン...
医療・健康

遺伝的がんリスク体質の人は若くしてがんになりやすい~がんの特性をPRSで解明~

2022-11-11 大阪大学,国立がん研究センター,慶應義塾大学,理化学研究所 発表のポイント さまざまな種類のがんに対して、「遺伝的がんリスク体質」を強く反映するポリジェニック・リスク・スコア(PRS)(注1)を構築した。 ...
生物環境工学

縄文時代のニホンジカの古食性について調査・研究成果を発表

2022-10-18 慶應義塾大学,東京大学,福井県,福井県若狭町 福井県若狭町に所在する鳥浜貝塚から発掘されたニホンジカ下顎歯について、表面に残る微小な摩耗痕の形状分析を行い、縄文時代における同種の採食行動を明らかにしました。縄文時...
生物工学一般

クモ糸の構造と力学物性をデータベース化~人工クモ糸材料の創出に貢献~

2022-10-13 理化学研究所,京都大学,慶應義塾大学先端生命科学研究所 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センターバイオ高分子研究チームのマライ・アリ・アンドレス上級研究員、沼田圭司チームリーダー(京都大学大学院工学系研究科教...
有機化学・薬学

トリプシンを分解する腸内細菌の同定に成功~リプシンを分解することで消化管恒常性を維持する~

2022-09-15 理化学研究所,慶應義塾大学,かずさDNA研究所 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター消化管恒常性研究チームの李 優先基礎科学特別研究員(研究当時)、本田賢也チームリーダー(慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学...
医療・健康

日本初の乳がん超音波検診における精密検査の要否判定を行う人工知能(AI)を開発~専門医を凌駕する精度で画像診断を行い、乳がん検診の精度向上に貢献~

2022-08-30 慶應義塾大学 慶應義塾大学医学部外科学教室(一般・消化器)の林田哲専任講師、北川雄光教授を中心とする多施設共同研究グループは、株式会社フィックスターズと共同で、ディープラーニング技術を用いた人工知能(AI)による...
医療・健康

「コロナ制圧タスクフォース」 COVID-19疾患感受性遺伝子DOCK2の重症化機序を解明 ~アジア最大のバイオレポジトリーでCOVID-19の治療標的を発見~

2022-08-08 慶應義塾大学,東京医科歯科大学,大阪大学,東京大学 医科学研究所,北里大学,京都大学,科学技術振興機構 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)は、流行の始まりから2年経過した...
医療・健康

脂肪肝による肝がんの進行が腸内細菌によって促進されるメカニズムの一端を解明

2022-06-27 大阪公立大学,日本医療研究開発機構 本研究のポイント 高脂肪食の長期摂取で腸管バリアが脆弱化し、肝臓に移行・蓄積したグラム陽性腸内細菌叢の細胞壁成分であるリポタイコ酸が肝臓に移行・蓄積。 肝臓に蓄積し...
ad
タイトルとURLをコピーしました