東京医科歯科大学

医療・健康

幹細胞分裂タイプの違いが毛包の再生・老化を決定づけることを発見

加齢によって毛包幹細胞におけるXVII型コラーゲンが減少すると、再生型からストレス応答性の非対称分裂へとスイッチし、幹細胞の枯渇による毛包の矮小化と脱毛を引き起こすことを明らかにした。
医療・健康

手根管症候群を検査するスマホゲームを開発 ~機械学習で親指の動きから推定、早期診断へ~

スマートフォンアプリを使った親指の運動解析と異常検知手法を用いた機械学習を組み合わせ、手根管症候群を簡便にスクリーニングする方法を開発した。
生物環境工学

未確認の多様なレジオネラ属菌が南極の湖にも生息~基地で検出の種は人間が持ち込んだ可能性も~

2021-02-25 情報・システム研究機構 国立極地研究所,東京医科歯科大学,東邦大学 レジオネラ属の細菌は土壌や水に広く分布していますが、この細菌を含むエアロゾルが重症肺炎を引き起こすことがあり、感染症対策上、重要な細菌です。南極...
有機化学・薬学

「HIV-1カプシドタンパク質を標的とした低分子抗HIV活性化合物」

薬剤耐性ウイルスに対する新規治療薬開発としての期待 2021-02-03 東京医科歯科大学,国立感染症研究所,日本医療研究開発機構 ポイント 抗ヒト免疫不全ウイルス(HIV)のRNAを包み込む殻を形成するカプシド※1をターゲッ...
有機化学・薬学

HIV侵入阻害剤としての小分子CD4ミミックとポリエチレングリコールユニットのハイブリッド化合物

根治を目指した抗体との併用療法の期待 2021-01-27 東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構 ポイント HIV侵入阻害剤であるCD4ミミック※1をポリエチレングリコール(PEG)化※2することにより、抗HIV活性が上昇す...
医療・健康

自閉症や統合失調症、知的障害など、様々な精神発達障害に関わるAUTS2遺伝子の 小脳発達における役割を解明

2020-12-18 国立精神・神経医療研究センター 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所病態生化学研究部の星野幹雄部長、堀啓室長および東京医科歯科大学後期博士課程の山城邦比古らの研究グループは...
有機化学・薬学

新たな核酸医薬の候補、DNA/DNA 2本鎖核酸による効率的な遺伝子抑制を達成

難病治療薬の開発に向けた一歩 2020-12-08 東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント 研究グループがこれまでに独自に開発した次世代核酸医薬である「DNA/RNAヘテロ2本鎖核酸(HDO)※1」を発展さ...
医療・健康

がん抑制型miRNA-634の経皮投与によるEGFR阻害剤の治療効果の増強

皮膚扁平上皮がんに対するマイクロRNA軟膏製剤の実用化へ期待 2020-11-24 東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構 ポイント がん抑制型マイクロRNA(microRNA:miR)※1であるmiR-634※2を内包した軟...
有機化学・薬学

β2アドレナリン受容体シグナルの活性化が、がんの悪性化を抑制することを発見

副作用の少ない口腔がんの新規治療法の開発に期待 2020-11-20 東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構 ポイント β2アドレナリン受容体作動薬※1であるイソクスプリン※2が、口腔がんの悪性化要因である上皮間葉移行(epi...
医療・健康

自閉スペクトラム症の病態解明に寄与するメカニズムを発見

自閉スペクトラム症の治療戦略と創薬の発展に期待 2020-10-12 東京大学,東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構 発表者 狩野方伸(東京大学大学院医学系研究科 機能生物学専攻 神経生理学分野 教授/国際高等研究所ニューロ...
ad
タイトルとURLをコピーしました