DNAメチル化

細胞遺伝子工学

卵子・精子のDNAが受精後に正しく機能するための仕組みを解明~流産・男性女性の不妊の原因解明、治療法開発へ期待~

2024-04-24 九州大学 ポイント 両親から受け継いだ遺伝子が受精後に正確に制御される仕組み(エピゲノム(※1))の解明が望まれています。 卵子と精子、それぞれにおいて、受精後に遺伝子が正常に働くためのDNA化学修飾(DNAメチル化(...
細胞遺伝子工学

パデュー大学の実験が哺乳類発生の重要な分子段階を解明(Purdue experiments clarify critical molecular stages of mammalian development)

2023-08-23 パデュー大学 ◆パデュー大学の研究チームは、ヒトを含む哺乳動物で共有される重要なタンパク質の機能に関する複雑な新事実を明らかにしました。このDNAメチルトランスフェラーゼタンパク質が異常を示すと、がんなど多くの疾患が引...
医療・健康

肥満の解読:極度の肥満の人々で変化している800以上のDNAスイッチを特定。(decoding obesity:Researchers have identified over 800 DNA switches that are changed in people with extreme obesity. )

2023-07-07 インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL) ◆研究者たちは、極端な肥満の人々の細胞と通常体重の人々の細胞を比較し、800以上のDNAスイッチが変化することを特定しました。これらのスイッチは可逆的であり、肥満やその健康上...
医療・健康

新しい研究により、エピジェネティックな老化の注目すべきバイオマーカーとしてDNAメチル化が注目される(New research highlights DNA methylation as noteworthy biomarker for epigenetic aging)

2023-02-22 ミシガン大学 ◆ミシガン大学社会研究所の「健康と引退に関する調査」のデータを活用した新しい研究が、加齢の影響とそれが集団の健康にとって何を意味するのかについて、新たな見解を示しています。 ◆ISRの調査研究センター准教...
有機化学・薬学

卵子形成に必須なタンパク質DPPA3によるUHRF1の 機能阻害の分子機構を解明 ~NMR法によるDPPA3とUHRF1の複合体構造解析~

2022-11-25 横浜市立大学 横浜市立大学大学院生命医科学研究科 構造生物学研究室 畑 圭一さん(2021年度博士前期課程修了)、有田 恭平教授、同研究科 構造エピゲノム研究室 小沼 剛助教、池上 貴久教授、理化学研究所 生命機能科学...
細胞遺伝子工学

肝細胞発生過程で働く遺伝子スイッチ~GATA6によるクロマチン活性化機構を解明~

2022-05-06 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター細胞機能変換技術研究チームの鈴木貴紘上級研究員、鈴木治和チームリーダーらの研究チームは、ヒトiPS細胞から肝細胞に分化する過程のDNAメチル化変化を網羅的に解析し...
細胞遺伝子工学

植物ゲノムに不活性領域を作り出す機構

シロイヌナズナという植物の変異体を用いた研究の結果、DNAメチル化の間の局所的な正のフィードバックと、ゲノム全体での負のフィードバックを見出した。この両方の経路により、働くべき遺伝子を働かせながら、不活化領域に限定した抑制が可能となり、ゲノムの不安定化を防いでいると考えられる。
医療・健康

加熱式タバコ使用によるDNAメチル化および遺伝子発現への影響が明らかに

火を使い燃焼させる従来型の紙巻きタバコ(従来型タバコ)から加熱式タバコへ切り替えた人のDNAメチル化および遺伝子発現パターンは、従来型タバコ喫煙者よりも程度は低いものの、非喫煙者と比べて喫煙に関わるDNAの低メチル化や遺伝子発現の増減が多く見られることが明らかになりました。
細胞遺伝子工学

精子形成におけるDNAメチル化の役割を解明~NP95とDNMT1の減数分裂期における新機能を発見~

DNAメチル化の維持に必須な二つのタンパク質「NP95」と「DNMT1」が、雄の生殖細胞における減数分裂においても必須であることを明らかにした。
医療・健康

統合失調症や双極性障害の男性患者ではセロトニン関連遺伝子のDNAメチル化状態が変化

2020-06-19 熊本大学,東京大学,日本医療研究開発機構 ポイント 統合失調症患者および双極性障害患者において、神経伝達物質の伝達量を調節するセロトニントランスポーター遺伝子にDNAメチル化※1変化が起きていることを、末梢血の解析で確...
医療・健康

特定の遺伝子のスイッチを操作して疾患モデル動物を作製

2020-04-01 群馬大学,日本医療研究開発機構 本件のポイント これまで、特定の遺伝子のみのスイッチ(エピゲノム*1)をオンにした疾患モデル動物を作製することはできなかった。 エピゲノム編集を応用し、狙った遺伝子のみのスイッチをオンに...
医療・健康

血中から目印が付いたDNAを回収する装置

2020-03-19 東京大学 1.発表者: 岡本 晃充(東京大学 先端科学技術研究センター 生命反応化学分野 教授) 永江 玄太(東京大学 先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野 講師) 油谷 浩幸(東京大学 先端科学技術研究セン...
ad
タイトルとURLをコピーしました