大腸がんの治療法を改善する遺伝子の発見(Genetic discovery could improve treatment of colorectal cancer)

ad

2022-08-30 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の科学者たちは、一部の大腸がん患者の腫瘍に存在する希少な遺伝子を発見した。この発見により、より正確な診断が可能になり、最終的には、この遺伝子によって発現するタンパク質を標的とした個別化治療が可能になると期待される。
EPFLのウイルス・遺伝学研究所(Trono Lab)の研究チームは、そのメカニズムをより深く理解するため、デンマークで行われた300人以上の大腸がん患者の腫瘍を分析した研究データを精査した。その結果、一部の腫瘍には、がん細胞の増殖と転移を促進する遺伝子が含まれていることが判明しました。
研究チームは、大腸がん細胞におけるトランスポゾンを調べるために高度な解析手法を用い、トランスポゾンの異常な活性化がPOU5F1B遺伝子の発現を誘発し、この遺伝子の発現が最も深刻な腫瘍に関連していることを発見した。大腸がん患者の腫瘍がPOU5F1B遺伝子を発現している場合、深刻な結果を招く可能性があることがわかった。
科学者達は、POU5F1Bの癌遺伝子としての性質は、それが発現するタンパク質が、癌細胞の形成と機械的機能に重要な役割を果たす他のタンパク質と相互作用する傾向があることから来ていると考えている。

<関連情報>

トランスポゾンで活性化されたPOU5F1Bは大腸がんの増殖と転移を促進する Transposon-activated POU5F1B promotes colorectal cancer growth and metastasis

Laia Simó-Riudalbas,Sandra Offner,Evarist Planet,Julien Duc,Laurence Abrami,Sagane Dind,Alexandre Coudray,Mairene Coto-Llerena,Caner Ercan,Salvatore Piscuoglio,Claus Lindbjerg Andersen,Jesper Bertram Bramsen & Didier Trono
Nature Communications  Published:20 August 2022
DOI:https://doi.org/10.1038/s41467-022-32649-7

figure 1

Abstract

The treatment of colorectal cancer (CRC) is an unmet medical need in absence of early diagnosis. Here, upon characterizing cancer-specific transposable element-driven transpochimeric gene transcripts (TcGTs) produced by this tumor in the SYSCOL cohort, we find that expression of the hominid-restricted retrogene POU5F1B through aberrant activation of a primate-specific endogenous retroviral promoter is a strong negative prognostic biomarker. Correlating this observation, we demonstrate that POU5F1B fosters the proliferation and metastatic potential of CRC cells. We further determine that POU5F1B, in spite of its phylogenetic relationship with the POU5F1/OCT4 transcription factor, is a membrane-enriched protein that associates with protein kinases and known targets or interactors as well as with cytoskeleton-related molecules, and induces intracellular signaling events and the release of trans-acting factors involved in cell growth and cell adhesion. As POU5F1B is an apparently non-essential gene only lowly expressed in normal tissues, and as POU5F1B-containing TcGTs are detected in other tumors besides CRC, our data provide interesting leads for the development of cancer therapies.

ad
医療・健康
ad
ad


Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました