医療・健康

てんかんを起こす脳腫瘍の遺伝子タイプに関連するMRI画像の特徴を発見 医療・健康

てんかんを起こす脳腫瘍の遺伝子タイプに関連するMRI画像の特徴を発見

2024-07-19 国立精神・神経医療研究センター 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)病院 脳神経外科診療部の飯島圭哉医師および岩崎真樹部長、並びに放射線診療部の木村有喜男医長および佐藤典子部長らの研究グループは、...
世界最大規模の統合解析により、がん個別化医療による生存期間の延長を確認~産学連携SCRUM-Japan MONSTARプロジェクトの成果を米国癌学会旗艦誌「Cancer Discovery」に論文発表~ 医療・健康

世界最大規模の統合解析により、がん個別化医療による生存期間の延長を確認~産学連携SCRUM-Japan MONSTARプロジェクトの成果を米国癌学会旗艦誌「Cancer Discovery」に論文発表~

2024-07-19 国立がん研究センター 発表のポイント 広範な固形がんを対象とした日本初の産学連携全国がんゲノムスクリーニングプロジェクトであるSCRUM-Japan MONSTAR-SCREENプロジェクト(以下、MONSTARプロジ...
抗EGFR抗体薬の新たな治療標的の可能性を発見~薬物療法後にRAS遺伝子変異が野生型に変化した大腸がん患者さんに新たな治療選択肢の可能性~ 医療・健康

抗EGFR抗体薬の新たな治療標的の可能性を発見~薬物療法後にRAS遺伝子変異が野生型に変化した大腸がん患者さんに新たな治療選択肢の可能性~

2024-07-19 がん研究会,国立がん研究センター 発表のポイント RAS遺伝子(注1)変異型転移性大腸がんの治療後に、変異ステータスが変異型(注2)から野生型(注3)へ変化した患者さんの割合、および変異ステータスの変化に関連する臨床病...
ad
AIで貧血を予測する~機械・深層学習によるヘモグロビン値推定モデルの構築~ 医療・健康

AIで貧血を予測する~機械・深層学習によるヘモグロビン値推定モデルの構築~

2024-07-19 東京大学 スマートフォンで撮影した眼瞼結膜写真を人工知能(AI)に学習させ、非侵襲的にヘモグロビン値を予測できる機械学習・深層学習モデルを構築しました。 Grad-CAMという可視化手法を用いることで、深層学習モデルに...
歩きスマホによる内因性転倒リスクの増大~見えていない段差等外因性要因だけじゃない~ 医療・健康

歩きスマホによる内因性転倒リスクの増大~見えていない段差等外因性要因だけじゃない~

2024-07-19 京都大学 歩きスマホや前抱えリュックサックは歩行中の転倒リスクを増大させることが知られています。スマホ画面注視や前抱えリュックによる足元や周辺視覚情報の損失が、段差や障害物等(外因性の要因)による躓きを誘発することでリ...
卵子の老化で小さな染色体が正しく分配されない原因~革新的な全染色体個別動態解析による新発見~ 医療・健康

卵子の老化で小さな染色体が正しく分配されない原因~革新的な全染色体個別動態解析による新発見~

2024-07-19 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター 染色体分配研究チームの竹之内 修 基礎科学特別研究員、榊原 揚悟 基礎科学特別研究員(研究当時)、北島 智也 チームリーダーの研究チームは、老化した卵子におい...
ヒトの着床に関わる新たな制御機構を解明 医療・健康

ヒトの着床に関わる新たな制御機構を解明

2024-07-12 山口大学 発表のポイント 核内アクチンの挙動を可視化できる子宮内膜間質細胞を樹立し、着床や妊娠の維持に必須である脱落膜化現象の研究に使用しました。 ヒト胚の着床に必要となる脱落膜化が、細胞核内でのアクチンタンパク質の動...
肥満に関連した脳の変化が精子数の減少をもたらす(Brain changes linked to obesity result in low sperm count) 医療・健康

肥満に関連した脳の変化が精子数の減少をもたらす(Brain changes linked to obesity result in low sperm count)

2024-07-18 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) 肥満が男性のテストステロン低下を引き起こし、筋肉量や認知機能、精子数の減少、性欲低下に影響を与えることは知られていますが、そのメカニズムは完全には理解されていません。カリフォ...
朝のオーツ麦が体重管理に役立つ可能性(How your morning oats could help you manage your weight) 医療・健康

朝のオーツ麦が体重管理に役立つ可能性(How your morning oats could help you manage your weight)

2024-07-18 アリゾナ大学 新しい研究によると、オザンピック(セマグルチド)に代わり、食物繊維ベータグルカンを含む食品の摂取が体重減少と血糖値改善に効果的です。アリゾナ大学のフランク・デューカ教授が主導した研究では、オーツ麦や大麦に...
行動障害の子どもたちは、脳の構造的な違いが広く見られる(Children with conduct disorder show widespread brain structural differences) 医療・健康

行動障害の子どもたちは、脳の構造的な違いが広く見られる(Children with conduct disorder show widespread brain structural differences)

2024-07-17 バース大学 バース大学の研究により、行為障害(CD)のある若者は、通常発達する子供に比べて脳の表面積が広範囲にわたり異なることが明らかになりました。行為障害は、反社会的または攻撃的行動を特徴とし、世界中で子供や青少年の...
新生児のうんち(初回胎便)のタンパク質組成を解明~性別、在胎週数、疾患の有無で異なる~ 医療・健康

新生児のうんち(初回胎便)のタンパク質組成を解明~性別、在胎週数、疾患の有無で異なる~

2024-07-17 東京大学 東京大学医学部附属病院 小児科 設楽佳彦助教、小児外科 渡辺栄一郎医師(群馬県立小児医療センター 一般外科 部長)、かずさDNA研究所 応用プロテオミクスグループ 川島祐介グループ長、紺野亮特任研究員、千葉大...
不育症(習慣流産)の発症に関わる遺伝子の発見~生殖免疫学と細胞接着分子の関与が明らかに~ 医療・健康

不育症(習慣流産)の発症に関わる遺伝子の発見~生殖免疫学と細胞接着分子の関与が明らかに~

2024-07-17 東京大学,名古屋市立大学,大阪大学,理化学研究所 発表のポイント ◆原因不明の不育症(習慣流産)のゲノムワイド関連解析を実施し、発症に関わる遺伝子領域(HLA 遺伝子、CDH11 遺伝子)を同定しました。 ◆不育症の発...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました