進化の木のほとんどが間違っている可能性を示唆する研究結果(Study suggests that most of our evolutionary trees could be wrong)

ad
ad
ad
ad
ad

科学者たちは、収斂進化はこれまで考えられていたよりもはるかに一般的であると述べています。 Scientists say convergent evolution is much more common than previously thought

2022-06-01 バース大学

バース大学ミルナー進化学センターの科学者が率いる新しい研究によると、遺伝子配列ではなく解剖学的構造を比較して生物の進化系統を決定することは、誤解を招く恐れがあることが示唆されました。Communications Biology誌に掲載されたこの研究は、生物を見た目で分類してきた数世紀にわたる学術的な研究を覆す必要がある場合が多いことを示している。
今回初めて、バース大学の科学者たちは、形態学に基づく進化の木と分子データに基づく進化の木を比較し、地理的位置に応じてそれらをマッピングしました。
その結果、分子系統樹でグループ化された動物は、形態系統樹でグループ化された動物よりも地理的に近い場所に生息していることが判明した。

<関連情報>

分子系統は、形態学的系統よりも生物地理学的系統をよく表している Molecular phylogenies map to biogeography better than morphological ones

Jack W. Oyston,Mark Wilkinson,Marcello Ruta &Matthew A. Wills
Communications Biology  Published:31 May 2022
DOI:https://doi.org/10.1038/s42003-022-03482-x

Abstract

Phylogenetic relationships are inferred principally from two classes of data: morphological and molecular. Currently, most phylogenies of extant taxa are inferred from molecules and when morphological and molecular trees conflict the latter are often preferred. Although supported by simulations, the superiority of molecular trees has rarely been assessed empirically. Here we test phylogenetic accuracy using two independent data sources: biogeographic distributions and fossil first occurrences. For 48 pairs of morphological and molecular trees we show that, on average, molecular trees provide a better fit to biogeographic data than their morphological counterparts and that biogeographic congruence increases over research time. We find no significant differences in stratigraphic congruence between morphological and molecular trees. These results have implications for understanding the distribution of homoplasy in morphological data sets, the utility of morphology as a test of molecular hypotheses and the implications of analysing fossil groups for which molecular data are unavailable.

タイトルとURLをコピーしました