細胞遺伝子工学

細胞遺伝子工学

バイオとデジタルの融合でイネの収量や品質を予測~ ゲノム選抜AIがイネ育種を変える~

2021-01-08 農研機構 ポイント 農研機構は、イネ育種事業で蓄積した大量の形質1)データに加え、多数の品種・系統2)のゲノム3)情報を取得し、イネの大規模な統合的データベースを整備しました。このデータの一部を利用して、ゲノム情報...
医療・健康

がんに存在する異常なメッセンジャーRNAの全長構造を同定

がん免疫療法のための新たな診断基準になる可能性 2021-01-07 国立がん研究センター 1.発表者 岡  実穂(東京大学大学院新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻博士後期課程3年生) 許  柳  (研究当時:...
細胞遺伝子工学

ES細胞分化過程において継時的に分布変化するヒストン修飾を同定

ヒト幹細胞が分化する時、核では何が起こっているのか 2021-01-06 京都大学 Georgia Kafer 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)研究員(現・オーストラリア・The Children’s Medic...
細胞遺伝子工学

ドナー細胞のキメリズムを異種キメラ体内にて飛躍的に上昇させることに成功

2020-12-29 東京大学,スタンフォード大学,日本医療研究開発機構 発表者 西村俊哉(東京大学医科学研究所 附属幹細胞治療研究センター 日本学術振興会 特別研究員) 中内啓光(東京大学医科学研究所 幹細胞治療部門 特任教授) ...
細胞遺伝子工学

細胞のリプログラミングを追う光技術~リプログラミングバイオマーカーとしてのラマン散乱光~

2020-12-25 理化学研究所,広島大学 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター先端バイオイメージング研究チームのアルノ・ジェルモン研究員、渡邉朋信チームリーダー(広島大学原爆放射線医科学研究所教授)らの共同研究グループは、...
医療・健康

iPS細胞から作製した心筋細胞シートの医師主導治験の実施~治験計画前半の移植実施報告~

2020-12-25 大阪大学,日本医療研究開発機構 ポイント iPS細胞から作製した心筋細胞シートについて、重症心筋症の患者さんを対象としてヒトへの移植に関する安全性及び有効性を検証する医師主導治験を実施(第3例目の被験者まで...
細胞遺伝子工学

メチル基1つでDNAの運動性が変わることを解明~運動性というDNA上の目印~

2020-12-23 京都大学 Erik Walinda 医学研究科助教、菅瀬謙治 工学研究科准教授、古川亜矢子 横浜市立大学特任助教、有田恭平 同准教授の研究グループは、ゲノムの安定性や遺伝子発現の制御などに関わるDNAのエピゲノム...
細胞遺伝子工学

植物ウイルスを利用した遺伝子導入法により植物のゲノム編集に成功

2020-12-23 農研機構 ポイント 農研機構は、植物に感染するウイルスを利用して、植物のゲノム編集を行う技術を開発しました。本方法では、現在、植物のゲノム編集の過程で多くの場合に必要とされる後代世代での選抜が不要となるため、ジャガ...
医療・健康

血液がんを正確かつ簡便に診断できる画期的なバイオマーカーを発見

CREB3L1遺伝子の発現量で骨髄増殖性腫瘍を判定 2020-12-23 順天堂大学 順天堂大学大学院医学研究科血液内科学の小松則夫 教授、輸血学研究室の森下総司 助教、理化学研究所予防医療・診断技術開発プログラムの林崎良英 プログ...
細胞遺伝子工学

マウスの家畜化には脳の遺伝子発現の変化が関わる

2020-12-21 国立遺伝学研究所 Combined Change of Behavioral Traits for Domestication and Gene‐Networks in Mice Selectively Bred...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました