細胞遺伝子工学

細胞遺伝子工学

哺乳類の新しい性決定の仕組みを発見~Y染色体とSry遺伝子が消失してもオスは消滅しない~

2022-11-29 国立遺伝学研究所 北海道大学大学院理学研究院の黒岩麻里教授らの研究グループは、Y染色体とSry遺伝子をもたないアマミトゲネズミ(Tokudaia osimensis)という哺乳類種を対象に、世界で初めてSry遺伝...
細胞遺伝子工学

非翻訳RNAの発現を予測するAIの開発~ゲノム解析からの疾患理解を促進~

2022-11-22 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター ゲノム解析応用研究チームの小井土 大 特別研究員(研究当時、現 客員研究員、東京大学 大学院新領域創成科学研究科 助教)、寺尾 知可史 チームリーダー、ピ...
細胞遺伝子工学

CRISPRで遺伝子の “ヒッチハイカー”を誘導することに成功(Genetic ‘Hitchhikers’ Can Be Directed Using CRISPR)

2022-11-21 ノースカロライナ州立大学(NCState) CRISPR-Casシステムは一般に、バクテリオファージやプラスミドなどの外来遺伝要素のRNA誘導分解を通じて原核生物に適応免疫を提供します。 研究者らは、トランスポゾン...
ad
細胞遺伝子工学

ヒトiPS細胞から作製した腎前駆細胞に未分化な細胞が残存していないことを確認する方法の開発

2022-11-16 京都大学iPS細胞研究所 ポイント ヒトiPS細胞由来腎前駆細胞注1を培養する際に、適切なiPS細胞のマーカーとしてMIR302CHG 注2を同定した。 MIR302CHGを用いて、細胞製品中の未...
細胞遺伝子工学

メスだけが生き残る仕組み~オスを狙って殺す共生細菌ボルバキアタンパク質Oscar(オス狩る)の発見~

2022-11-14 東京大学 発表者 勝間 進 (東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻 教授) 廣田 加奈子 (東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻 博士課程) 松田 典子 (東京大学大...
細胞遺伝子工学

新しい統計手法によりゲノム解析が向上(New statistical method improves genomic analyses)

CLIMB法では、複数の条件やデータセットにまたがるデータの比較を、より効率的かつ容易に解釈することができます。 CLIMB method allows more efficient and easily interpretable co...
細胞遺伝子工学

ゲノムの言葉を話す:ゴードン・ベルの最終候補者が大規模言語モデルを用いて新しいCOVIDバリアントを予測(Speaking the Language of the Genome: Gordon Bell Finalist Applies Large Language Models to Predict New COVID Variants)

2022-10-14 アルゴンヌ国立研究所(ANL) Trained on a year’s worth of SARS-CoV-2 genome data, the model can infer the distinction...
細胞遺伝子工学

世界初のイネ根圏微生物叢の網羅的1細胞ゲノム解析に成功~コメ生産現場が抱える問題のデータベース化に向けて~

2022-11-09 京都大学 青木 航 農学研究科助教、植田 充美 産官学連携本部特任教授、 間藤 徹 名誉教授、竹山 春子 早稲田大学先進理工学研究科教授、細川 正⼈ 同准教授、松田 修平 JST-COI-NEXT研究員らの共同研...
細胞遺伝子工学

メダカにおいて精巣の形態・機能維持に重要な脳内因子を発見

2022-11-08 東京大学 富原 壮真(研究当時:生物科学専攻 博士課程/現:日本学術振興会特別研究員) 池上 花奈(研究当時:生物科学専攻 日本学術振興会特別研究員/ 現:東京大学大学院農学生命科学研究科) 下舞 凜子(研...
細胞遺伝子工学

世界初・ゲノムDNAを巻き取る新しい基本単位H3-H4オクタソームを発見 ~染色体疾患の理解に新概念を提唱~

2022-11-08 東京大学 発表者 野澤  佳世(東京工業大学生命理工学院生命理工学系 准教授、 研究当時:東京大学定量生命科学研究所クロマチン構造機能研究分野 助教) 滝沢  由政(東京大学定量生命科学研究所クロマチン構造機能...
細胞遺伝子工学

RNA制御型タンパク質分解酵素Cas7-11-Csx29を発見!

2022-11-04 東京大学先端科学技術研究センター 1.発表者 加藤 一希(東京大学先端科学技術研究センター 特任講師) 岡崎 早恵(東京大学先端科学技術研究センター 学術専門職員) 西増 弘志(東京大学先端科学...
細胞遺伝子工学

進化情報をAIがとらえ酵素機能をデザイン可能に ~機械学習で酵素の基質選択性を設計する新技術~

2022-11-03 大阪大学,科学技術振興機構 ポイント 酵素の基質・補酵素特異性をつかさどるアミノ酸残基を人工知能により推定する手法を開発 進化過程で保存されてきたアミノ酸配列をひも解くことで機能に関わるアミノ...
ad
タイトルとURLをコピーしました