細胞遺伝子工学

細胞遺伝子工学

バイオインフォマティクスのデータ削減技術は、慎重に使用する必要がある(Bioinformatics data reduction techniques must be used with caution)

2022-07-01 ペンシルベニア州立大学(PennState) バイオインフォマティクスの分野では、DNAの解析は、データスケッチという、データセットのサイズを系統的に小さくして、科学者がより高速に解析・近似できるようにする手法で行う...
細胞遺伝子工学

「アーキテクト」遺伝子を研究するため、合成DNAを工学的に設計(Scientists Engineer Synthetic DNA to Study “Architect” Genes)

人工Hox遺伝子の構築により、細胞が体内で自分の位置を覚える仕組みを解明 Building artificial Hox genes enables researchers to see how cells learn their loc...
細胞遺伝子工学

Dicer-2ーR2D2タンパク質複合体が二本鎖siRNAの非対称性を感知するしくみ~ RNA干渉における20年来の謎を解明~

2022-06-30 東京大学 山口 そのみ(生物科学専攻 博士課程3年) 泊 幸秀(定量生命科学研究所 教授) 西増 弘志(先端科学技術研究センター 教授) 濡木 理(生物科学専攻 教授) 発表のポイント ショウジ...
細胞遺伝子工学

1細胞遺伝子発現解析用サンプル多重化のための新技術~細胞の種類によらない、簡便・低コストの細胞標識手法を開発~

2022-06-28 理化学研究所 理化学研究所(理研)バイオリソース研究センター疾患ゲノム動態解析技術開発チームの杉本道彦開発研究員、阿部訓也チームリーダーらの共同研究グループは、1細胞遺伝子発現解析において、複数の細胞サンプルをま...
細胞遺伝子工学

CAMSAP2たんぱく質による中心体に依存しない 微小管ネットワーク形成の仕組みを解明 ~細胞の形を作る仕組みの一端を解明~

2022-06-28 神戸大学,理化学研究所,東北大学,日本医療研究開発機構,科学技術振興機構 ポイント CAMSAP2は相分離する性質を利用して内部にチューブリン(微小管を作るたんぱく質)を取り込んで濃縮し、短時間で数...
細胞遺伝子工学

低分子RNAの構造決定(Determining the structure of small RNAs)

ストレス下でRNAの折り畳みが変化する様子を新たな手法で解明、最終的にはRNAが関与する疾患の治療法開発に役立つと期待される New method shows how RNA folding changes under stress an...
細胞遺伝子工学

ウイルスの発見が、複雑な生命の起源を探る手がかりに(Virus Discovery Offers Clues About Origins of Complex Life)

2022-06-27 テキサス大学オースチン校(UT Austin) すべての複雑な生命の祖先を含むと考えられる微生物群に感染するウイルスを初めて発見し、『Nature Microbiology』誌に発表した。この発見は、複雑な生命の起源...
細胞遺伝子工学

古代の微生物が地球外生命体の探索に役立つかもしれない(Ancient microbes may help us find extraterrestrial life forms)

光を取り込むタンパク質に照らされた数十億年前の地球 Earth of billions of years ago illuminated by light-capturing proteins 2022-06-27 カリフォルニア大学リ...
細胞遺伝子工学

世界初!免疫機能を付与したミニ腸の開発に成功~炎症性腸疾患治療の開発、腸管免疫や腸内細菌分野への応用にも期待~

2022-06-27 国立成育医療研究センター 国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵、理事長:五十嵐隆)研究所 再生医療センターの阿久津英憲部長、東京農業大学食品安全健康学科の岩槻健教授、弘前大学大学院医学研究科消化器...
細胞遺伝子工学

考古学的遺物から見つかる古代ウイルスとその進化研究

2022-06-20 国立遺伝学研究所 Detection of Ancient Viruses and Long-Term Viral Evolution Luca Nishimura, Naoko Fujito, Ryota S...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました