2020-11-06

医療・健康

新規の遺伝性再生不良性貧血症「ADH5/ALDH2 欠損症」を発見

日本人半数が持つお酒が飲めない体質遺伝子と遺伝性血液難病の関連性 2020-11-06 京都大学 高田穣 生命科学研究科教授、牟安峰 同研究科教務補佐員らの研究グループは、生命科学研究科・附属放射線生物研究センターの所属であった佐々...
生物化学工学

光依存的に環状ヌクレオチドを分解するロドプシン酵素の構造を解明

2020-11-06 東京大学 生田 達也(研究当時:生物科学専攻 博士課程3年/東北大学大学院薬学研究科 助手) 志甫谷 渉(生物科学専攻 特任助教) 内橋 貴之(名古屋大学大学院理学研究科 教授/自然科学研究機構 生命創成探究...
有機化学・薬学

皮膚の張力は皮膚の構造と機能を制御する~メカノバイオロジーからの基礎研究・応用研究への新たな戦略~

2020-11-06 理化学研究所,ロート製薬株式会社 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター器官誘導研究チームの辻孝チームリーダー、ロート製薬株式会社の木村駿研究員らの共同研究チームは、皮膚に存在する細胞同士の「張力均衡」を生...
医療・健康

関節リウマチの遺伝素因と関連する新規治療標的を同定

炎症環境下における滑膜線維芽細胞の統合的解析で実現 2020-11-06 東京大学医学部附属病院 関節リウマチは、持続的な滑膜の炎症が関節破壊をもたらす代表的な自己免疫疾患です。近年登場した生物学的製剤や分子標的薬は、関節リ...
医療・健康

iPS細胞でヒト心臓の機能を知る~ハートオンチップ型マイクロデバイスの開発~

2020-11-05 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクトのアブラティ・モシャ研修生(臨床橋渡しプログラム升本研究室研修生)、升本英利上級研究員(同研究リーダー)、集積バイオデバイ...
有機化学・薬学

膜タンパク質の耐熱化変異体を合理的に設計~立体構造に基づく創薬を促進する~

2020-11-05 理化学研究所,千葉大学 理化学研究所(理研)放射光科学研究センター理研RSC-リガク連携センターの国島直樹客員研究員、千葉大学大学院理学研究院の村田武士教授らの共同研究グループは、「膜タンパク質」分子の立体構造に...
ad
タイトルとURLをコピーしました