2020-11-24

細胞遺伝子工学

環境変化に応じて遺伝子が空間配置を変化させ発現をONにする仕組みの解明

2020-11-24 東京大学 発表のポイント ◆DNAが3次元的にパッケージングされた細胞核内で、外部の環境変化に応じて遺伝子の空間配置を変化させて発現をONにするメカニズムを解明した。 ◆長年不明であった植物の細胞核の構造維持...
医療・健康

『悪玉むし歯菌』と『微小脳出血の出現』との関連を解明 脳卒中の機序の解明に寄与

2020-11-24 国立循環器病研究センター,国立大学法人大阪大学,慶應義塾大学医学部 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:小川久雄、略称:国循)の脳神経内科・細木聡医師(慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程4年)、齊藤...
有機化学・薬学

疎水性パッキングがゆるくても折り畳み能を示し超安定な人工タンパク質

2020-11-24 分子科学研究所,生命創成探究センター,大阪大学蛋白質研究所,理化学研究所,日本医療研究開発機構 発表のポイント これまでに創製された人工タンパク質は変性温度が100℃以上と超安定 人工タンパク質の安定...
細胞遺伝子工学

臨床用ヒトiPS細胞から脊髄損傷に有効性を示すグリア細胞の作製に成功

臨床応用に向けて有望な細胞源として期待 2020-11-24 慶應義塾大学医学部,大日本住友製薬株式会社,日本医療研究開発機構 慶應義塾大学医学部整形外科学教室の鎌田泰裕(大学院医学研究科博士課程4年生)、同生理学教室の神山淳准教授...
医療・健康

がん抑制型miRNA-634の経皮投与によるEGFR阻害剤の治療効果の増強

皮膚扁平上皮がんに対するマイクロRNA軟膏製剤の実用化へ期待 2020-11-24 東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構 ポイント がん抑制型マイクロRNA(microRNA:miR)※1であるmiR-634※2を内包した軟...
医療・健康

ピアニストの繊細なタッチをさらに高める手法を発見 ~技能の限界を突破するトレーニング理論の解明へ~

2020-11-21 科学技術振興機構 ポイント 膨大なトレーニングを経た熟練者の運動技能をさらに高める方法は未解明だった。 鍵盤重量を変えられるピアノを用いた研究から、運動中の力触覚を高めるトレーニングがピアニス...
ad
タイトルとURLをコピーしました