がん抑制型miRNA-634の経皮投与によるEGFR阻害剤の治療効果の増強

ad
ad
ad
ad
ad

皮膚扁平上皮がんに対するマイクロRNA軟膏製剤の実用化へ期待

2020-11-24 東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構

ポイント
  • がん抑制型マイクロRNA(microRNA:miR)※1であるmiR-634※2を内包した軟膏製剤を開発しました。
  • 皮膚扁平上皮がん担がんマウスモデルおよび皮膚化学発がんマウスモデルにおいて、miR-634軟膏製剤の経皮投与により、腫瘍細胞へのmiR-634の送達と抗腫瘍効果が確認されました。
  • miR-634は、グルタミントランスポーターASCT2遺伝子※3を標的とすることにより、グルタミン代謝を抑制することを見出しました。
  • miR-634軟膏製剤は、EGFR阻害剤の治療効果を増強することを見出しました。
  • 上記の成果は、マイクロRNAを用いた新たな核酸抗がん薬の実用化につながることが期待されます。
概要

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・分子細胞遺伝分野の井上純准教授、稲澤譲治教授らの研究グループは、(株)メドレックスとの共同研究により、がん抑制型miR-634を内包した“miR-634軟膏製剤”を開発し、皮膚扁平上皮がん担がんマウスモデルおよび皮膚化学発がんマウスモデルを用いて、本製剤による抗腫瘍効果およびEGFR阻害剤との併用効果を確認しました。この研究成果は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「次世代がん医療創生研究事業」(P-CREATE)、文部科学省新学術領域研究(15H05908) 「がんシステムの新次元俯瞰と攻略」および文部科学省科学研究費補助金(18K06954、18H02688)の支援のもと遂行され、国際科学雑誌 Molecular Therapy – Oncolytics(モレキュラーセラピー オンコリティックス)に、2020年11月23日にオンライン版で発表されました。

研究の背景

皮膚扁平上皮がんにおいて、外科的切除が不適応な患者に対して、有効な外用剤の開発が強く求められていました。また、皮膚扁平上皮がんでは、Epidermal growth factor receptor(EGFR)遺伝子が高発現しており、EGFR阻害剤の治療適応が期待されています。しかしながら、その治療効果は限定的であるため、EGFR阻害剤による抗腫瘍効果を増強させる新たな治療戦略の開発が必要とされていました。

タイトルとURLをコピーしました