2023-12-05

医療・健康

市販薬乱用に関して投稿された質問の分析~Yahoo!知恵袋内テキストデータの定性分析~

2023-12-05 京都大学 昨今、市販薬の過剰摂取に対する社会的関心が急速に高まっています。中山健夫 医学研究科教授、刈谷梓 同博士課程学生らのグループは、医療機関や薬物依存回復支援施設を受診するほどの症状はみられないが、今後依存に陥る...
医療・健康

鶏卵・牛乳即時型食物アレルギーの子どもに対する 経口免疫療法のより安全で有効な実施方法が明らかに ~これまでの1/100の極微量で開始し1/10で維持する方法に高い効果~

2023-12-05 国立成育医療研究センター 国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区 理事長:五十嵐隆)アレルギーセンターの大矢幸弘、福家辰樹、山本貴和子、宮地裕美子らの研究グループは、食物アレルギーの子どもの治療である経口免疫...
医療・健康

軽度認知障害患者を対象とした、日本初の多施設共同医師主導治験COMCID研究の成果を発表しました

2023-12-05 国立循環器病研究センター 国立循環器病研究センター (大阪府吹田市、理事長:大津欣也、略称:国循) の脳神経内科猪原匡史部長、脳神経内科医師齊藤聡、データサイエンス部山本晴子部長を中心とする研究グループは、一般財団法人...
ad
細胞遺伝子工学

絶滅生物の痕跡は現生生物のどんなゲノム領域に残りやすい? ~アゴハゼのゲノム解析が暴く「ゲノムの中の幽霊」~

2023-12-04 東京大学 発表のポイント アゴハゼの種内系統の1つが、絶滅した“ゴースト系統”との古代の交雑により誕生したことを示しました。 絶滅したゴースト系統由来のゲノムが受け継がれたゲノム領域や、逆にゴースト系統由来のゲノムが失...
生物工学一般

理論タンパク質量情報を活用した新しい微生物種同定技術~20万件の原核微生物ゲノム情報をもとに、質量分析により多様な原核微生物種を迅速同定~

2023-12-05 産業技術総合研究所 ポイント ヒトや動物、食品、海洋や土壌など、広範な環境中で検出される3万種以上の原核微生物種を同定可能 未培養微生物を含む多様な原核微生物種を迅速に同定 感染症原因微生物の特定、食品分野の微生物検査...
医療・健康

提供された心臓に対する長年のホルモン治療は効果がないことが判明(Long-standing hormone treatment for donated hearts found to be ineffective)

2023-11-29 ワシントン大学セントルイス校 ◆ワシントン大学医学部とミッドアメリカ移植の研究者らによる臨床試験によれば、死亡した臓器提供者に甲状腺ホルモンを投与する標準的な方法は効果がなく、むしろ害を引き起こす可能性があることが示さ...
細胞遺伝子工学

タンパク質のフォールディングに関する細胞の暗号を解読し、多くの疾患に対する新たな治療法を切り開く(UMass Amherst Researchers Crack the Cellular Code on Protein Folding, Opening New Therapeutic Avenues for Many Diseases)

2023-12-04 マサチューセッツ大学アマースト校 ◆マサチューセッツ大学アムハースト校の研究チームは、グリコプロテオミクスなどの最新技術を用いて、セルピンと呼ばれるタンパク質ファミリーが正しく折りたたまれる際の炭水化物ベースのコードを...
生物工学一般

「ボディ・インターネット」がテクノロジーの使い方を変え、スマートフォンの必要性をなくすかも(‘Body internet’ may eliminate the need for smartphones by changing how we use technology)

2023-12-04 パデュー大学 ◆パデュー大学の研究では、スマートフォン時代の終焉をもたらす可能性のある技術が開発中。「Wi-R」と呼ばれる発明では、体内に「インターネット」を確立し、皮膚を介してデバイス同士が通信できるようになる。 ◆...
医療・健康

肝臓がん治療の新たなアプローチを示す発見(Discovery points to new approach to treating liver cancer)

2023-12-04 パデュー大学 ◆ソラフェニブと肝臓がん治療における新発見:DDX5酵素との関連性が解明され、この酵素の増加がソラフェニブの抗腫瘍効果を向上させる可能性が示された。DDX5はRNA生物学に関与し、特にHBVの生合成を制御...
細胞遺伝子工学

CRISPRのゲノムへのアクセス拡大(Expanding CRISPR’s Access to the Genome)

2023-12-04 デューク大学(Duke) ◆デューク大学のエンジニアチームが、CRISPR技術のアクセス範囲を拡大する手法を開発しました。新手法は、元々のCRISPRシステムが対象できる人間のゲノムのわずか12.5%に制限されていた問...
医療・健康

脳腫瘍のデジタルツインで、計算科学者ががん治療の個別化を進める(With Digital Twins of Brain Tumors, Computational Scientists are Personalizing Cancer Care)

2023-12-01 テキサス大学オースチン校(UT Austin) ◆テキサス大学オースティン校の研究者チームが、航空宇宙工学とがん治療の専門家を結集し、高悪性度グリオーマ患者の放射線療法にデジタルツインを導入した研究を行いました。 ◆こ...
有機化学・薬学

麻薬になりにくい:タンパク質液滴が、攻撃的な前立腺癌の転写因子を阻害する新方法を明らかに。(Hard to drug:Protein droplets reveal new ways to inhibit transcription factors in an aggressive form of prostate cancer)

2023-12-04 マックス・プランク研究所 ◆転写因子は遺伝子の情報をタンパク質に変換する際に重要で、異常な制御は多くの疾患の原因となります。がん治療において、転写因子の活性を抑制することが期待されますが、これらの因子は活性化ドメインが...
ad
タイトルとURLをコピーしました