2023-12-07

医療・健康

発疹の形状から蕁麻疹の体内メカニズムを解き明かす数理皮膚医学を創出 ~数理モデルと臨床医学の融合による新たな蕁麻疹治療法の開発へ~

2023-12-05 京都大学 京都大学高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(WPI-ASHBi)/大学院医学研究科の 李 聖林 教授/主任研究者、広島大学大学院医系科学研究科の秀道広 前教授および高萩俊輔 同准教授らの研究グループは、数理モデ...
医療・健康

コロナ禍における保育施設の感染対策の実態が明らかに ~マスク着用や集団行動の制限を緩和、約半数が行政職員や医師との連携を希望~

2023-12-07 国立成育医療研究センター 国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵、理事長:五十嵐隆)の社会医学研究部 臨床疫学・ヘルスサービス研究室の大久保祐輔室長らの研究グループと、株式会社コドモン(所在地:東京都港区...
医療・健康

世界の最新がん罹患状況の公表~70カ国455地域参加による国際共同研究~

2023-12-07 国立がん研究センター 発表のポイント 5大陸のがん罹患第12版は、他国と比較可能ながん罹患データの国際データブックの最新版(5年ぶりの改訂)であり、過去最大の国数、登録数からなるデータとなりました。 5大陸のがん罹患に...
細胞遺伝子工学

世界初!ダイズ油脂に含まれるフラン酸合成に関与する遺伝⼦を発⾒~光による不快臭の発⽣と油脂の酸化が少ないダイズ品種の開発に期待~

2023-12-07 九州⼤学 ポイント ダイズ油脂中のフラン酸は光照射によって分解され、明所臭と呼ばれる不快臭を発⽣する フラン酸が減少したダイズ突然変異体を⾒出し、フラン酸の合成に関わる遺伝⼦を解明した 遺伝的にフラン酸を合成せず、不快...
医療・健康

眼底画像から性別を推定するAIを一般公開 ~性差のある疾患研究での活用に期待~

2023-12-07 国立情報学研究所 公益財団法人 日本眼科学会(代表:大鹿哲郎、東京都千代田区)と大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NIIエヌアイアイ、所長:黒橋 禎夫、東京都千代田区)は、東京都千代田区)...
有機化学・薬学

オートファゴソームを柔軟な網で覆うように形作る仕組み ~オートファジーを特異的に制御する薬剤開発に道~

2023-12-06 科学技術振興機構.北海道大学,微生物化学研究所,東京工業大学 ポイント オートファジーにおいて、細胞内の分解対象を包み込むための袋状の脂質膜(オートファゴソーム)がどのように形作られるかは分かっていなかった。 オートフ...
医療・健康

静止画が動いて見える錯覚現象によって解き明かされる動きの知覚

2023-12-05 基礎生物学研究所 私たちの身の回りには動いているものが数多くあります。そして私たち自身も動いていて見ている世界は常に動いていますので、動きを上手く知覚できないと生活することができません。これらの動きは脳内で情報処理をさ...
生物化学工学

成長するバイオフィルムが宿主の環境を積極的に変化させることが明らかに(Growing biofilms actively alter host environment, new study reveals)

2023-12-06 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆ペンシルバニア州立大学の研究によると、バイオフィルムが環境を形成し、内部構造を微調整する方法が詳細に解明されました。バイオフィルムは、微生物の組織的なコミュニティで、成長...
医療・健康

孫の死産リスクは祖母の体重と関連する(Grandchild’s stillbirth risk linked to grandma’s weight)

2023-12-05 ミシガン大学 ◆米ミシガン大学の研究により、BMIが30以上の妊娠中の女性は通常BMIの女性に比べて死産のリスクが高まることが示され、新たな研究では祖母のBMIも孫の死産リスクに影響することが明らかになった。 ◆BMI...
細胞遺伝子工学

ニワトリ、魚、カエルの進化をつなぐ数理モデル(A Mathematical Model Connects the Evolution of Chickens, Fish and Frogs)

2023-12-06 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD) ◆UCサンディエゴ、ダンディー大学、ハーバード大学の研究者が、カナリアの胚を用いて行った研究で、胚の自己組織化に関する新たな理解を得ました。胚発生の段階で数学モデルを構築し...
医療・健康

なぜ一部の高齢者は空間記憶力が低下するのか?(Why do some older adults show declines in their spatial memory?)

2023-12-06 アリゾナ大学 ◆米国アリゾナ大学の心理学者による新しい研究では、加齢に伴う記憶の衰退が個人によって異なることが示唆されました。 ◆研究によれば、特に新しい環境や場所の学習が難しい一部の高齢者において、記憶の問題は脳の記...
生物工学一般

AIが動く動物の神経細胞を追跡(Enhanced AI tracks neurons in moving animals)

2023-12-06 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ◆EPFLとHarvardの科学者チームが開発したAIメソッドは、自由に動く動物内のニューロンを追跡するためのもので、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を利用しています...
ad
タイトルとURLをコピーしました