パーキンソン病

医療・健康

パーキンソン病モデルへのペランパネルの有効性~パーキンソン病の進行抑制治療への期待~

αシヌクレインフィブリルを投与した培養細胞とマウスを用いた実験により、抗てんかん薬の一種である「ペランパネル」が、αシヌクレインの伝播を抑制することを発見した。ペランパネルは既に臨床で使用されている薬剤であるため、パーキンソン病の病状進行を抑える薬としても迅速な応用が期待される。
医療・健康

パーキンソン病治療薬の長期服用で生じる副作用のメカニズムを解明

パーキンソン病モデルマウスに長期間L-ドーパを投与することで、ジスキネジアが生じた。ジスキネジアモデルマウスでは、大脳基底核の出力部において、大脳皮質由来の抑制が増強し、遅い興奮が減少していることが分かった。
医療・健康

ミトコンドリアの酵素がパーキンソン病原因遺伝子産物Parkinを分解し細胞死を防ぐことを発見

弧発性パーキンソン病の病態メカニズムに新たな概念を提唱 2021-02-10学習院大学,東京薬科大学,日本医療研究開発機構 発表者 椎葉一心(学習院大学 理学部 生命科学科 分子生化学 助教/東京薬科大学 生命科学部 分子生化学研究室...
医療・健康

細胞内の不良ミトコンドリアを処理する新たな機構を解明~遺伝性パーキンソン病の治療法開発に期待~

2021-01-20 大阪大学,科学技術振興機構,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント パーキンソン病において、機能不全に陥ったミトコンドリア※1を処理する新たな機構として、機能不全ミトコンドリアを細胞外へ放出し処理をする、...
医療・健康

細胞内の不良ミトコンドリアを処理する新たな機構を解明 ~遺伝性パーキンソン病の治療法開発に期待~

2020-11-26 大阪大学,科学技術振興機構 ポイント パーキンソン病において、機能不全に陥ったミトコンドリアを処理する新たな機構として、機能不全ミトコンドリアを細胞外へ放出し処理をする、ミトコンドリア放出現象を発見...
医療・健康

健診データから分かったパーキンソン病の早期変化

2020-11-25 名古屋大学,日本医療研究開発機構 名古屋大学大学院医学系研究科神経内科学の勝野雅央教授、横井克典(筆頭研究者、大学院生)の研究グループは、難治神経変性疾患※1のひとつであるパーキンソン病※2を対象とした臨床研究に...
医療・健康

高齢者の1/3はパーキンソン病・レビー小体型認知症及びその予備群で、食道病変は重症度を反映する

2020-11-05 東京都健康長寿医療センター,日本医療研究開発機構 発表内容の概要 東京都健康長寿医療センター高齢者ブレインバンクは、パーキンソン病・レビー小体型認知症及びその予備群が高齢者剖検例の1/3を占め、食道病変が進行を反映...
医療・健康

価値と運動を表す脳の化学信号を線条体で発見~新手法で迫る電気と化学の相互作用~

2020-10-02 京都大学 雨森賢一 高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)特定拠点准教授、雨森智子 同研究員、Helen Schwerdt マサチューセッツ工科大学博士、Ann Graybiel 同教授らの研究グループは...
医療・健康

臨床用iPS細胞を用いたパーキンソン病治療の非臨床研究を実施

ヒトiPS細胞由来のドパミン神経前駆細胞の安全性と有効性を確認 2020-07-20 京都大学 土井大輔 iPS細胞研究所特定拠点助教、髙橋淳 同教授らの研究グループは、臨床用ヒトiPS細胞に由来するドパミン神経前駆細胞(DAP)の...
医療・健康

パーキンソン病患者において世界中で共通して認められる腸内細菌叢の変化を明らかにした

2020-07-14 名古屋大学,日本医療研究開発機構 名古屋大学大学院医学系研究科神経遺伝情報学の大野欽司教授、医学系研究科医療技術学専攻病態解析学の平山正昭准教授、神経内科学の勝野雅央教授、博士課程大学院生の西脇寛、岩手医科大学脳...
ad
タイトルとURLをコピーしました