ヒトiPS細胞

細胞遺伝子工学

遺伝子操作を加えずヒトiPS細胞から成熟骨格筋細胞を作製する技術を発明

2022-05-30 京都大学iPS細胞研究所 ポイント ヒトiPS細胞から誘導した骨格筋幹細胞を用いて骨格筋細胞を作製する技術を開発した。 この骨格筋細胞は非常に成熟した成体骨格筋と似た特徴をもっている。 純度...
医療・健康

新型コロナウイルスの増殖性を立体臓器「ミニ腸」で検証 〜デルタ株とオミクロン株の全く異なる特性を発見〜

2022-05-12 国立成育医療研究センター 横浜市立大学大学院医学研究科 微生物学の梁 明秀教授、宮川 敬准教授、国立成育医療研究センター 生殖医療研究部の阿久津英憲部長らの研究グループは、ヒトiPS細胞由来の腸管立体臓器「ミニ腸...
医療・健康

iPS細胞から作製した角膜上皮を4人の患者に移植する世界初の臨床研究が完了

2022-04-22 大阪大学,日本医療研究開発機構 ポイント ヒトiPS細胞由来の角膜上皮を4人の患者に移植するFirst-in-Human臨床研究が完了した。 いずれの症例においても重篤な有害事象は認めず、安全性を示す...
細胞遺伝子工学

iPS細胞を用いた人工血小板の作製の効率化に成功 血小板のテイラーメイド医療に向けた一歩

ヒトiPS細胞から血小板を産生するための従来法よりも効率的な手法の開発に取り組みました。細胞の増殖を妨げるCDKN1Aとp53という2つの遺伝子の働きを抑えることで、高効率に血小板産生細胞を得られることが分かりました。従来の血小板輸血では治療が困難な血小板不応症の患者さんの治療にもつながることが期待されます。
細胞遺伝子工学

iPS細胞由来静止期肝星細胞を用いた肝線維症治療薬のスクリーニングモデルを開発

ヒトiPS細胞から作製した肝星細胞を用いて肝線維症治療薬のスクリーニングモデルを開発しました。蛍光量を指標に肝星細胞の活性化レベルを計測することが可能となり、肝線維症の病態を生体外で定量できるようになりました。
細胞遺伝子工学

ヒトiPS細胞を用いた配偶子の作製と利用をめぐる日本の一般市民を対象にした調査

ヒトiPS細胞を用いた配偶子作製やその利用について一般市民を対象に実施した調査結果に関する論文2報を発表しました。
細胞遺伝子工学

患者iPS細胞で遺伝性難聴を再現~世界最多の難聴型への薬剤スクリーニングが可能に~

遺伝性難聴の中で最も頻度の高いGJB2(コネキシン26;CX26)変異型難聴の原因となる内耳ギャップ結合形成細胞をヒトのiPS細胞から作る技術開発により、遺伝性難聴の病態の再現に成功した。
医療・健康

ACE発現ヒトiPS細胞を用いたSARS-CoV-2感染の個人差再現と原因究明

SARS-CoV-2がヒトiPS細胞に感染するにはACE2の発現が必要であることを明らかにした。
細胞遺伝子工学

骨格筋幹細胞を純化する方法を確立~筋肉の細胞移植治療の実現に向けて~

ヒトiPS細胞から骨格筋幹細胞へと分化誘導する際に有用な2つの新たなマーカーとしてCDH13およびFGFR4を見出した。
医療・健康

iPS細胞から結膜上皮の作製法を確立~眼疾患への創薬・再生医療研究を加速させる新技術~

2021-02-02 大阪大学,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント ヒトiPS細胞から眼オルガノイド技術を利用して結膜上皮系列細胞への分化誘導法を確立した。作製したヒトiPS細胞由来結膜上皮はムチン分泌を担う結膜杯細胞を保...
ad
タイトルとURLをコピーしました