京都大学

生物化学工学

光照射を用いた超高解像度な遺伝子解析技術の開発に成功

光単離化学(Photo-Isolation Chemistry=PIC)という技術を開発し、非常に小さな細胞集団や細胞の中の微小構造体で機能する遺伝子を光照射により検出することに成功した。
医療・健康

国の診療報酬請求データベースを用いて特殊な網膜剥離の発症率を明らかに

NDBオンサイトリサーチセンター(京都)の全データを解析することにより、日本人の中心性漿液性脈絡網膜症の発症率や性別・年齢による発症傾向を明らかにした。
医療・健康

新型コロナウイルス感染症に対する全自動遺伝子検査システムを開発しました

新型コロナウイルス感染症に対して大量検査が可能な全自動遺伝子検査システムを開発し、その有用性を実証した。
医療・健康

弾性圧迫グローブ・ストッキングを用いた圧迫療法による化学療法誘発性末梢神経障害発症軽減の臨床研究を開始します

タキサン系抗がん剤投与後の副作用で患者の生活にダメージを与えている化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)の予防・軽減を目的とした乳がん患者に対する臨床研究を開始します。
医療・健康

COVID-19流行がアルコール関連の肝疾患・膵炎による入院に与えた影響を検証

新型コロナウイルス感染症の流行がアルコール関連肝疾患および膵炎の入院に与えた影響を検証した。
生物工学一般

高分解能で見るアミロイド線維形成 ~アルツハイマー病やALSなどの発症機構理解のための新たな研究手法~

神経変性疾患発症に関わるタンパク質のアミロイド線維化過程を原子分解能という高分解能でモニターすることに世界で初めて成功した。
医療・健康

難治性の傷を治す人工タンパク質の企業治験を開始します

2021-07-09 京都大学,三洋化成工業株式会社 森本尚樹 医学研究科教授らと三洋化成工業株式会社は、慢性創傷の治療を目的に、新規治療材料シルクエラスチン(R)スポンジの共同開発を行っています。この度、2021年7月より本材料の有...
医療・健康

クローン性造血の臨床予後への影響を解明~遺伝子変異とコピー数異常の統合的な知見~

バイオバンク・ジャパン登録被験者のクローン性造血の遺伝子変異とコピー数異常の統合解析を実施し、(1)クローン性造血では遺伝子変異とCNAが高頻度に共存すること、(2)両者が共存すると血液腫瘍・心血管疾患のリスクが有意に上昇すること、などを解明した。
細胞遺伝子工学

iPS細胞とマイクロ流体気道チップ技術を組み合わせて気道における線毛協調運動の構築と線毛機能不全症候群のモデル開発に成功

マイクロ流体気道チップとヒトiPS細胞から分化誘導した気道上皮シートを組み合わせて細胞間の線毛協調運動を生体内に近い形で再現して機能評価する技術の開発に成功した。
医療・健康

神経細胞死を抑制する新たな分子を発見 ~脳卒中やアルツハイマー病への応用に期待~

脳の海馬で起こる神経細胞死を抑制する新たな分子を発見した。ATF6βという分子が神経細胞内でカルレティキュリンというカルシウム結合タンパク質を増加させ、細胞内のカルシウム濃度を調節することで、小胞体ストレス、興奮毒性から細胞を保護していることを発見した。
ad
タイトルとURLをコピーしました