京都大学

医療・健康

新型コロナ感染を抑制する生体内因子の発見~病態解明や治療薬開発の可能性へ~

一部の生体内タンパク質分解酵素に対する生理的阻害物質HAI-2がSARS-CoV-2の感染抑制因子であることを発見した。HAI-2を培養液に添加するとSARS-CoV-2の感染が阻害された。また、siRNA法で肺上皮細胞株のHAI-2の発現量を減らすと、SARS-CoV-2の感染が促進された。
医療・健康

脳が安定して活動を続けられるメカニズムの一端を解明

約1000個の神経細胞の間での複雑な相互作用ネットワークのデザインに込められている、神経系が安定して動作し続けられるメカニズムの一つを解明した。
未分類

同種造血幹細胞移植後における社会復帰の予測因子を発見~移植後リハビリテーションがもつ重要性~

同種造血幹細胞移植後の患者56人のデータを用いて、移植後の社会復帰(復職および復学)と関連する因子の検討を行った。従来知られていた造血細胞移植特異的併存疾患指数(HCT-CI)高値などに加えて、移植期間中の6分間歩行距離の低下割合が社会復帰を妨げる因子になることを明らかにした。
細胞遺伝子工学

原発性胆汁性胆管炎の新たな遺伝要因を同定~ヒト全ゲノム領域へのRHM法による世界初の成果~

原発性胆汁性胆管炎(PBC)の日本人遺伝子データベースと日本人の一般集団の全ゲノムデータベースとの比較を行い、3箇所の新規領域を含む、合計7箇所の染色体上の疾患に関わる候補領域を、ポリジェニック効果を考慮した手法、領域内遺伝率推定法(RHM)による、ゲノム解析から同定した。
医療・健康

医学部附属病院において新型コロナウイルス感染後の肺障害に対する生体肺移植を行いました。(2021年4月7日)

京都大学医学部附属病院では、新型コロナウイルス感染後の肺障害に対する生体肺移植を実施した。新型コロナウイルス感染後の肺障害に対する肺移植手術は日本初であり、さらに生体肺移植としては世界初の手術。
医療・健康

パーキンソン病モデルへのペランパネルの有効性~パーキンソン病の進行抑制治療への期待~

αシヌクレインフィブリルを投与した培養細胞とマウスを用いた実験により、抗てんかん薬の一種である「ペランパネル」が、αシヌクレインの伝播を抑制することを発見した。ペランパネルは既に臨床で使用されている薬剤であるため、パーキンソン病の病状進行を抑える薬としても迅速な応用が期待される。
生物環境工学

マングローブ植物の全球分布と分化過程を解明~ヤエヤマヒルギ属の種・地域を網羅した系統解析~

マングローブ植物の代表であるヤエヤマヒルギ属植物を世界各地で採集し、分布域網羅的な系統解析を行い、ヤエヤマヒルギ属のインド洋-西太平洋グループと大西洋-東太平洋グループは約1100万年前に分岐し、それぞれのグループでの多様化と分布拡大を経て、現在の分布域を持つに至ったことがわかった。
細胞遺伝子工学

膜タンパク質が「はさみ分子」によって切断される部位を大規模に解明

異なる組織に由来する10種のヒト由来細胞株について、シェディングによって遊離したタンパク質を液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析法(LC/MS/MS)によって解析し、大規模にその切断部位を同定した。
生物化学工学

26年ぶりに日本から現生のカワニナの新種を発見

サザナミカワニナは琵琶湖の深場に適応した種であると考えられ、殻表面に漣状の細かな縦方向や横方向の彫刻を持つことや、メスが胎児を非常に大きなサイズまで体内で育てるなど近縁種と顕著に異なる特徴を有す。
細胞遺伝子工学

不要な細胞の除去機構の発見~核内因子が直接細胞膜に作用する!~

ゲノム編集技術であるクリスパーCas9を用いたリバイバルスクリーニングというスクリーニング法を開発し、スクランブラーゼの活性化因子を同定した。この活性化因子はDNA修復に関与してることがわかった。
ad
タイトルとURLをコピーしました