新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

医療・健康

ブラジルからの帰国者から分離された新型コロナウイルス変異株の性状解明、 ならびに本変異株に対するワクチン効果の検証

ブラジル由来の変異株は、従来の流行株と同等の病原性と増殖性を持っている。ブラジル変異株は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)回復者あるいはワクチン接種者の血清・血漿により中和された。従来株の初感染から回復した動物は、その後のブラジル変異株による再感染に対してある程度の抵抗性を示した。
医療・健康

新型コロナウイルス感染症陽性患者を病院外で初期診断するエックス線診療車を開発

遠隔診療機能を装備し感染防護対策されたエックス線診療車(ICXCU)を開発した。
医療・健康

国立遺伝学研究所が取り組む新型コロナウイルス・全ゲノム解析の紹介

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の全ゲノム解析による分子疫学調査(SARS-CoV-2 RNA全ゲノム解析)を静岡県と連携・協働して進めている。感染拡大にともないウイルスゲノムには様々な変異が入る。変異パターンを解析することで、感染ルートの解明など感染症対策に大きく貢献できると考えている。
医療・健康

COVID-19流行が市中肺炎の緊急入院に与えた影響を検証

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が市中肺炎の緊急入院に与えた影響を検証した。
医療・健康

一人ひとりのこころの状態に合わせるメンタルヘルスサポートを開始へ

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は、「COVID-19等による社会変動下に即した応急的遠隔対応型メンタルヘルスケアの基盤システム構築と実用化促進にむけた効果検証」を首都圏の複数個所、愛知県新城市の特定の市区で2021年4月21日より開始する。
医療・健康

ウイルス排出量のピークが早い 新型コロナウイルスの治療が困難な理由を解明

COVID-19ではMERSやSARSと比較して、早期にウイルス排出量がピークに達することを明らかにした。開発したコンピューターシミュレーションによる網羅的な分析から、ピーク後に治療を開始した場合、ウイルス排出量を減少させる効果は極めて限定的であることを見いだした。
医療・健康

COVID-19増加が脳梗塞入院患者数変動、診療経過時間遅延、脳卒中センターでの診療プロセスに及ぼす影響

2021-02-15 国立循環器病研究センター 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:小川久雄、略称:国循)の豊田一則副院長、高下純平脳血管内科医師らの研究チームが、国循単施設での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)...
医療・健康

新型コロナウイルス感染時に獲得されたウイルスに対する抗体は少なくとも発症後3~6か月間は維持される

2021-02-12 東京大学,日本医療研究開発機構 発表者 河岡義裕(東京大学医科学研究所 感染・免疫部門 ウイルス感染分野 教授) 発表のポイント 新型コロナウイルスに感染した場合、発症10日目くらいにはウイルスに対する...
医療・健康

大気汚染が新型コロナ感染症の発症、重症化をきたすメカニズムの一端を解明

PM2.5が新型コロナウイルスの細胞侵入口を拡大する 2021-02-04 京都大学 高野裕久 地球環境学堂教授、佐川友哉 工学研究科特別研究学生らの研究グループは、PM2.5が新型コロナウイルスの細胞侵入口を拡大することを明らかに...
医療・健康

新型コロナウイルスに感染し回復したネコは無症状にもかかわらず長期間、肺に炎症ダメージが残り、…

新型コロナウイルスに感染し回復したネコは無症状にもかかわらず長期間、肺に炎症ダメージが残り、また一定期間は再感染しない 2021-01-08 東京大学,日本医療研究開発機構 発表者 河岡義裕(東京大学医科学研究所 感染・免疫部門ウイル...
ad
タイトルとURLをコピーしました