”デルタ株・オミクロン株流行期の妊婦新型コロナ患者”実態解明 ~デルタ期・妊娠中期以降・2回のワクチン接種が完了していない患者に 中等症・重症の割合が多かった~

ad

2022-09-26 国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵、理事長:五十嵐隆)感染症科の庄司健介(医長)と国立国際医療研究センター(所在地:東京都新宿区戸山、理事長:國土典宏)国際感染症センター・AMR臨床リファレンスセンターの都築慎也(応用疫学研究室医長)らの研究チームは、デルタ株・オミクロン株流行期における妊婦の新型コロナウイルス感染症入院例の臨床的な特徴を分析した研究結果を発表しました。本研究は、国立国際医療研究センターが運営している国内最大の新型コロナウイルス感染症のレジストリ「COVID-19 Registry Japan (COVIREGI-JP)」 (主任研究者:大曲貴夫)を利用したもので、デルタ期・オミクロン期に新型コロナウイルスに感染した日本の妊婦の特徴に関する貴重な報告です。
本研究は、2021年8月から2022年3月までの間に登録された妊婦の新型コロナウイルス感染症入院患者310人(デルタ期:111人、オミクロン期:199人)を対象に実施されました。オミクロン期の患者はデルタ期の患者に比べて鼻汁と咽頭痛が多く、倦怠感、嗅覚・味覚障害が少ない傾向にありました(図1)。また、多変量解析という手法を用いて、軽症の入院患者と、中等症-重症の入院患者の比較を行ったところ、中等症-重症に至った患者はデルタ期の患者、妊娠中期以降、ワクチン2回接種未完了の患者が多かったことが判明しました(表1)。2つのナショナルセンター が連携して取り組んだ本研究結果は、日本感染症学会/日本化学療法学会の英文機関誌であるJournal of Infection and Chemotherapy (JIC)に公開されました。

0926_1の画像

【図1:デルタ期とオミクロン期の症状の比較】

0926_2の画像

【表1】 妊婦COVID-19の中等症から重症例と、軽症例との比較

プレスリリースのポイント

  • 2021年8月~2021年12月をデルタ株流行期、2022年1月~2021年3月をオミクロン株流行期として、妊婦の新型コロナ感染症入院患者を対象に検討を行いました。
  • オミクロン株流行期の妊婦新型コロナ入院患者(199名)の臨床症状は、デルタ株流行期(111名)と比較して鼻汁、咽頭痛が多く、倦怠感、嗅覚・味覚障害が少ないという結果でした(図1)。
  • 入院時に呼吸数が24回/分以上または酸素飽和度(SpO2)が94%以下、酸素投与/人工呼吸管理/ECMO/集中治療室の入院のいずれかを満たした場合を中等症-重症、そのいずれも満たさない場合を軽症と定義した場合、中等症-重症の患者ではデルタ期の患者、妊娠中期以降の患者、ワクチン2回接種が未完了の患者が多かったことが分かりました(表1)。
発表論文情報

和文タイトル:「デルタ株流行期とオミクロン株流行期における妊婦COVID-19入院例の臨床的特徴の比較」
英文タイトル:「Comparison of clinical characteristics of COVID-19 in pregnant women between the Delta and Omicron variants of concern predominant periods」
<著者>
庄司健介1、都築慎也2,3、秋山尚之2、松永展明2、浅井雄介2、鈴木節子3、岩元典子3、船木孝則1、山田全毅1,4、小澤伸晃5
山口晃史5、宮入烈1,6、大曲貴夫2, 3
<所属>
1. 国立成育医療研究センター感染症科
2. 国立国際医療研究センターAMR臨床リファレンスセンター
3. 国立国際医療研究センター国際感染症センター
4. 国立成育医療研究センター高度感染症診断部
5. 国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター
6. 浜松医科大学 小児科
掲載誌:Journal of Infection and Chemotherapy
DOI: https://doi.org/10.1016/j.jiac.2022.09.005

詳しい資料は≫

ad
医療・健康
ad
ad
Follow
ad
テック・アイ生命科学
タイトルとURLをコピーしました