栄養障害の客観的アセスメントについて

ad
ad

長寿NSTニュースレター第38号

2020-01 国立長寿医療研究センター

はじめに
適切な栄養管理には栄養状態の評価が必要です。栄養状態の評価には主観的包括的アセスメント(SGA:Subjective Global Assessment)と客観的アセスメント(ODA:Objective Data Assessment )があります。当院では高齢者、特に認知機能低下を伴う例が多いため、問診からの情報で、体重変化を正確に得ることが難しいことも少なくありません。そのために客観的にアセスメントする方法が必要です。NST では現在、身体測定から行うアセスメントと血液検査から行うアセスメントを行っています。今回はこれらを用いた客観的アセスメントを紹介します。

身体測定を用いた評価法
栄養障害をきたすと筋肉や、脂肪が減少し、予後に影響します。身体測定による評価として、上腕筋囲(AMC:Arm Muscle Circumference)、下腿周囲長(CC:Calf Circumference)を測定算出しています。AMC は、上腕周囲長(AC:Arm Circumference)、上腕三頭筋皮下脂肪厚(TSF:Triceps Skinfold) を計測して算出します。
AMC = AC (cm) – π x TSF (cm)
TSF, AC, CC は原則として非麻痺側で利き手と反対側の腕や脚で測定します。

タイトルとURLをコピーしました