認知症に伴う犬の聴力低下について(Hearing Loss in Dogs Associated With Dementia)

ad
ad

2022-08-09 ノースカロライナ州立大学(NCState)

この研究では、39頭のシニア犬や老犬を評価しました。各犬に対して聴覚検査と認知検査を行い、飼い主には一般的に使用されている2つのアンケート(1つは認知能力に焦点を当てたもの、もう1つはQOLに焦点を当てたもの)に回答してもらった。認知テスト、アンケートのスコア、年齢を聴力グループ間で比較した。
「平均的な」犬は、50デシベル(dBs)の音を難なく聞き取ることができます。今回の調査では、19頭が50dBs、12頭が70dBs、8頭が90dBs(ジェット機の離陸時の騒音にほぼ相当)の音を聞き取ることができました。各グループの犬の平均年齢は、それぞれ12歳、13歳、14歳でした。
聴力の結果と飼い主のQOLアンケートを比較したところ、聴力の低下とともに「活力」「交友関係」のスコアが大きく低下していることがわかりました。
また、認知機能に関するアンケートでは、70dB群では12頭中9頭、50dB群では19頭中8頭が「異常」と判定されたのに対し、90dB群では全頭が「異常」と判定された。認知機能テストの結果も同様で、聴力が低下するにつれて、犬の作業能力も低下しました。
聴力の低下は、認知症の最大の予測因子のひとつです。また、聴覚の低下は、運動能力の低下につながるため、高齢者の転倒にもつながります。つまり、身体的な衰えと神経学的な衰えとの関連は、人間にとって明らかなのです。老化した犬にも同じ関係があることを示しています。

<関連情報>

高齢化したコンパニオン犬の聴力、認知機能、QOLの関係 Relationship between hearing, cognitive function, and quality of life in aging companion dogs

Gilad Fefer,Michael Z. Khan,Wojciech K. Panek,Beth Case,Margaret E. Gruen,Natasha J. Olby
Journal of Veterinary Internal Medicine  Published: 06 August 2022
DOI:https://doi.org/10.1111/jvim.16510

Abstract

Background
Elderly people with presbycusis are at higher risk for dementia and depression than the general population. There is no information regarding consequences of presbycusis in dogs.

Objective
Evaluate the relationship between cognitive function, quality of life, and hearing loss in aging companion dogs.

Animals
Thirty-nine elderly companion dogs.

Methods
Prospective study. Hearing was evaluated using brainstem auditory evoked response (BAER) testing. Dogs were grouped by hearing ability. Owners completed the canine dementia scale (CADES) and canine owner-reported quality of life (CORQ) questionnaire. Cognitive testing was performed, and cognitive testing outcomes, CADES and CORQ scores and age were compared between hearing groups.

Results
Nineteen dogs could hear at 50 dB, 12 at 70 dB, and 8 at 90 dB with mean ages (months) of 141 ± 14, 160 ± 16, and 172 ± 15 for each group respectively (P = .0002). Vitality and companionship CORQ scores were significantly lower as hearing deteriorated (6.6-5.4, 50-90 dB group, P = .03 and 6.9-6.2, 50-90 dB group, P = .02, respectively). Cognitive classification by CADES was abnormal in all 90 dB group dogs and normal in 3/12 70 dB group and 11/19 50 dB group dogs (P = .0004). Performance on inhibitory control, detour and sustained gaze tasks decreased significantly with hearing loss (P = .001, P = .008, P = .002, respectively). In multivariate analysis, higher CADES score was associated with worse hearing (P = .01).

Conclusions and Clinical Importance
Presbycusis negatively alters owner-pet interactions and is associated with poor executive performance and owner-assessed dementia severity.

タイトルとURLをコピーしました