科学者が発見した、目覚めの良さとリフレッシュの秘密(Scientists discover secret to waking up alert and refreshed)

ad
ad
ad

2022-11-29 カリフォルニア大学バークレー校(UCB)

 朝の目覚めに悩む人は少なくありませんが、毎日すっきりと目覚められるのは、生まれつきの幸運な人たちだけではないことが、新しい研究で証明されました。カリフォルニア大学バークレー校の科学者たちは、睡眠、運動、朝食という3つの重要な要素に注意することで、毎朝だるさを感じずに目覚めることができることを発見したのです。
この発見は、2週間にわたって833人の人々の行動を詳細に分析したものです。彼らは、さまざまな種類の朝食を食べ、腕時計をつけて身体活動や睡眠の量、質、タイミング、規則性を記録し、食事量を日記に記録し、起床時から1日を通して覚醒レベルを記録しました。一卵性双生児と二卵性双生児もこの研究に参加させ、環境と行動から遺伝子の影響を切り離した。
その結果、覚醒の秘訣は、前日の適度な運動、朝寝坊、糖分を控えた複合炭水化物を多く含む朝食の3点であることがわかりました。また、朝食後の血糖値を健康的にコントロールすることが、目覚めをよくする鍵であることも明らかにしました。

<関連情報>

目覚めの良さは、前日の睡眠、身体活動、食事量と関連している。 How people wake up is associated with previous night’s sleep together with physical activity and food intake

Raphael Vallat, Sarah E. Berry, Neli Tsereteli, Joan Capdevila, Haya Al Khatib, Ana M. Valdes, Linda M. Delahanty, David A. Drew, Andrew T. Chan, Jonathan Wolf, Paul W. Franks, Tim D. Spector & Matthew P. Walker
Nature Communications volume 13, Article number: 7116 (2022)

Abstract

How people wake up and regain alertness in the hours after sleep is related to how they are sleeping, eating, and exercising. Here, in a prospective longitudinal study of 833 twins and genetically unrelated adults, we demonstrate that how effectively an individual awakens in the hours following sleep is not associated with their genetics, but instead, four independent factors: sleep quantity/quality the night before, physical activity the day prior, a breakfast rich in carbohydrate, and a lower blood glucose response following breakfast. Furthermore, an individual’s set-point of daily alertness is related to the quality of their sleep, their positive emotional state, and their age. Together, these findings reveal a set of non-genetic (i.e., not fixed) factors associated with daily alertness that are modifiable.

タイトルとURLをコピーしました