人工知能による小腸粘膜傷害の診断~AI を活用したカプセル内視鏡画像診断支援システムの開発~

ad
ad

2018-10-26 東京大学,株式会社AIメディカルサービス

1.発表者:

青木 智則(東京大学医学部附属病院 消化器内科/大学院医学系研究科 消化器内科学博士課程 4 年生)
山田 篤生(東京大学医学部附属病院 消化器内科 助教)
小池 和彦(東京大学医学部附属病院 消化器内科/大学院医学系研究科 消化器内科学 教授)
多田 智裕(株式会社 AI メディカルサービス CEO/ただともひろ胃腸科肛門科 院長/東京大学医学部非常勤講師)

2.発表のポイント:

◆人工知能(AI)を活用して、カプセル内視鏡画像から小腸粘膜傷害を高精度で自動検出するシステムを開発しました。

◆本研究成果は、大量のカプセル内視鏡画像を読影する負担を減らすとともに、病変の見逃しを防ぐための画期的なシステムにつながる点で重要な成果です。

◆体への負担が少ないカプセル内視鏡検査のさらなる普及に寄与することが期待されます。

3.発表概要:

このたび、東京大学医学部附属病院(病院長:齊藤延人、所在地:東京都文京区)消化器内科の青木智則医師(大学院生)、山田篤生助教、小池和彦教授らのグループと株式会社 AI メディカルサービス(CEO:多田智裕、所在地:東京都豊島区)は共同で、人工知能(AI)を活用し、小腸カプセル内視鏡画像の中から粘膜傷害(びらん・潰瘍)を高精度で自動検出する内視鏡画像診断支援システムを開発しました。

タイトルとURLをコピーしました