新型コロナウイルス感染症の治療に応用可能なSARS-CoV-2中和抗体を複数取得

ad
ad

2021-02-18 慶應義塾大学医学部,滋賀医科大学,理化学研究所

 

慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科学教室の竹内勤教授、竹下勝特任助教、同先端医科学研究所遺伝子制御研究部門の佐谷秀行教授、滋賀医科大学疾患制御病態学部門の伊藤靖教授、理化学研究所(理研)生命医科学研究センター分化制御研究チームの福山英啓副チームリーダー、理研生命機能科学研究センタータンパク質機能・構造研究チームの白水美香子チームリーダー、国立感染症研究所免疫部の高橋宜聖部長、森山彩野主任研究官らの共同研究グループは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する中和抗体の取得に成功しました。

ウイルスに感染すると、生体内で抗体と呼ばれる防御因子が作られるようになります。抗体はウイルスのさまざまな部位を特異的に認識して結合しますが、その中でもウイルスの活性に重要な部位に結合してその機能を阻害し、ウイルスを不活性化する能力を有する抗体は「中和抗体」と呼ばれます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として、米Regeneron社や米Eli Lilly社が開発した中和抗体製剤がアメリカ食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可を得て、アメリカ国内で患者への投与が行われています。それらの製剤による患者の体内のウイルス量の減少効果や重症化予防効果が示されつつあります。

今回共同研究グループは、COVID-19回復患者の血液中の中和抗体を詳細に解析し、その中から治療薬として応用可能な高い中和能を持つ抗体を複数取得しました。同様な研究は世界中で行われていますが、国産の抗体製剤で実用化されたものは存在していません。これらの抗体は低濃度でも細胞へのSARS-CoV-2ウイルスの感染を防ぐ効果があることが確認されました。現在は動物を用いて効果を確認する実験を行っています。

この度、慶應義塾大学医学部は田辺三菱製薬株式会社との共同研究契約を締結しました。今後はこれらの抗体の更なる特性解析を進めるとともに、国産の抗体製剤としての実用化を目指します。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました