微小な前立腺がんを術中にその場で光らせて検出する前立腺がんの迅速蛍光可視化プローブの開発

ad
ad

2019-09-06 東京大学

東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室・医学系研究科生体情報学分野の河谷稔博士課程学生、山本恭子博士課程学生、神谷真子准教授、浦野泰照教授らは、肉眼では判別が難しい前立腺がんの迅速蛍光検出を実現する新規蛍光試薬を開発し、手術中に前立腺組織中に存在する微小がん病変の検出を可能としました。本研究成果は2019年6月7日付けで、Journal of the American Chemical Society誌に掲載されました。

前立腺がんは、日本でも年々患者数が増加しているがんで、取り残しによる再発や転移を防ぐために全摘出手術が行われています。しかしながら、全摘除術では神経を傷つけることがあるため、術後の性機能障害や排尿障害といった生活の質(QOL)低下が課題でした。

本研究グループは今回、前立腺がんで活性が亢進している前立腺がん特異的膜抗原(PSMA)のカルボキシペプチダーゼ(タンパク質分解酵素のひとつ)の活性を高感度に検出する蛍光試薬を新たに開発しました。この試薬自体はほとんど蛍光を発しませんが、PSMAと反応すると構造が変化して、強い蛍光を発する化合物へと変換されるように設計されています。開発した試薬を前立腺がん患者の外科手術検体に滴下することで、30分位内に微小ながんを含めてがん部位を蛍光で検出できるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました