B細胞のライトアップ(Lighting up the B cells)SLC35C2トランスポーター標識蛍光プローブを用いたB細胞とT細胞の見分け方 (Distinguishing B cells from T cells using an SLC35C2 transporter-targeting fluorescent probe)

ad

2022-07-21 大韓民国・基礎科学研究院(IBS)

Figure 1. The proposed staining mechanism of CDyBFigure 1. The proposed staining mechanism of CDyB

各細胞の種類を識別することは、それぞれの役割を理解し、免疫学分野の研究を行うために不可欠である。Tリンパ球とBリンパ球は、私たちの身体の防御システムにおける2大適応免疫細胞である。しかし、この2つの細胞は大きさや形が似ているため、区別することが困難です。
研究チームは、T細胞よりもB細胞を生きたまま識別できる低分子プローブCDyB(Compound of Designation yellow for B cellの略)の開発に成功した。CDyBは、Diversity Oriented Fluorescence Library(DOFL)と呼ばれる偏りのない蛍光ライブラリースクリーニングにより発見されました。この方法を用いることで、研究者らは、ある種の免疫細胞に対する特異性を持つ何千もの異なる分子をスクリーニングすることができた。T細胞とB細胞の混合物に適用したところ、この新しいプローブはB細胞に対して高い選択性を示すことが判明した。
研究チームはさらに、系統的なゲーティングターゲット解明の可能性が高いプラットフォームであるSLC-CRISPRベースのライブラリーを用いて、この新しいプローブのメカニズムを探った。SLC-CRISPRaとSLC-CRISPRiを用いることで、SLC35C2がCDyBに特異的な輸送体であり、CDyBを細胞内へ輸送することができることを発見した。さらに、遺伝子発現解析により、このトランスポーターが標的であることが検証された。さらにノックアウト実験を行ったところ、このトランスポーターを欠損させると、標的細胞のER/ゴルジ体に取り込まれる能力がなくなり、SlC35C2がB細胞選択性に関与していることが証明された。

<関連情報>

SLC-CRISPRiおよび非バイアス蛍光ライブラリースクリーニングにより同定されたBリンパ球を選択的に検出するためのSLC35C2トランスポーター標的蛍光プローブの開発 A SLC35C2 Transporter-Targeting Fluorescent Probe for the Selective Detection of B Lymphocytes Identified by SLC-CRISPRi and Unbiased Fluorescence Library Screening

Min Gao,Sun Hyeok Lee,Raj Kumar Das,Haw-Young Kwon,Heon Seok Kim,Young-Tae Chang
Angewandte Chemie International Edition  Published: 05 July 2022
DOI:https://doi.org/10.1002/anie.202202095

Abstract

T and  B lymphocytes are two major adaptive immune cells in  the  h uman defense system. To real-time monitor their diverse functions, a live-cell-selective probe for only one cell type would be a great tool for  investigating  the complex interaction of the immune cells. Here, we presented a small molecule probe  CDyB  for live B cells distinction over T cells by an unbiased fluorescence library screening. The cell selectivity was confirmed by multiparametric single-cell analysis using CyTOF among different lymphocytes. Through a systematic SLC-CRISPRi library screening, the molecular target of  CDyB  was identified as SLC35C2 transporter based on Gating-Oriented Live-cell Distinction (GOLD) mechanism. The gene expression analysis and knock-out experiments validated that the SLC35C2 transporter was the responsible target  for   CDyB  distinction.   Interestingly, when  CDyB  was applied to study B cell development, the  CDyB  fluorescence and  Slc35c2  expression were positively correlated with the B cell maturation process, and not involved in the T cell development.

ad
有機化学・薬学
ad
ad


Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました