緑内障

緑内障の鮮明なイメージ(A Clearer Image of Glaucoma) 医療・健康

緑内障の鮮明なイメージ(A Clearer Image of Glaucoma)

2024-02-16 ジョージア工科大学 ジョージア工科大学の化学者と卒業生による新しい緑内障に関する研究が、治療法の開発に役立つ可能性があることを示唆している。この研究は、より大きく複雑なタンパク質の凝集経路を理解するのに役立ち、緑内障だ...
熱、炎症などに関与するプロスタグランジン受容体EP3シグナリング複合体の可視化~緑内障、高眼圧症治療薬の合理的設計に貢献~ 有機化学・薬学

熱、炎症などに関与するプロスタグランジン受容体EP3シグナリング複合体の可視化~緑内障、高眼圧症治療薬の合理的設計に貢献~

2022-09-15 京都大学 杉田征彦 医生物学研究所特定助教、辻本浩一 医学研究科研究員、野村紀通 同准教授、岩田想 同教授らの研究チームは、寿野良二 関西医科大学医化学講座講師、清水(小林)拓也 同教授、森本和志 九州大学助教、加藤貴...
前眼部OCTAを用いた線維柱帯切開術効果予測~房水主流出路の可視化による緑内障手術予後予測の可能性~ 医療・健康

前眼部OCTAを用いた線維柱帯切開術効果予測~房水主流出路の可視化による緑内障手術予後予測の可能性~

緑内障の線維柱切開術眼内法を施行した37例37眼のデータを解析し、術前の前眼部OCTA深層血流画像の血管密度が低いほど、手術成功となることが多く、また高い眼圧下降率が得られることを発見した。
緑内障の新たな治療標的を発見~P2Y1受容体機能低下が緑内障の原因となる~ 医療・健康

緑内障の新たな治療標的を発見~P2Y1受容体機能低下が緑内障の原因となる~

マウスを使った実験によって「ATP」とその「受容体」であるP2Y1受容体の活性化が眼圧を低下させるために重要な役割を果たしていることを発見した。
医師の判断プロセスに学んだ緑内障の画像診断システム 医療・健康

医師の判断プロセスに学んだ緑内障の画像診断システム

少数医用画像に対する階層的転移学習による機械学習法 2021-03-02 理化学研究所,東北大学 理化学研究所(理研)光量子工学研究センター画像情報処理研究チームの横田秀夫チームリーダー、安光州客員研究員、秋葉正博客員研究員、東北大学大学院...
緑内障治療薬開発のためのイメージングシステムの開発 医療・健康

緑内障治療薬開発のためのイメージングシステムの開発

カルパイン活性を生体内で検出するための新規蛍光プローブ 2020-11-30 東北大学大学院医学系研究科,東北大学病院,日本医療研究開発機構 研究のポイント 本邦での失明原因疾患第1位の緑内障注1に対して、従来の眼圧下降治療法とは別の、新規...
人工知能による高精度緑内障自動診断 医療・健康

人工知能による高精度緑内障自動診断

マルチモダリティ情報を用いた機械学習で緑内障の客観的診断に貢献 2019-03-28  理化学研究所,東北大学 理化学研究所(理研)光量子工学研究センター眼疾患クラウド診断融合連携研究チームの秋葉正博チームリーダー、横田秀夫副チームリーダー...
開放隅角緑内障に関わる新たな7遺伝子領域を同定 医療・健康

開放隅角緑内障に関わる新たな7遺伝子領域を同定

1万5,000人の緑内障患者のゲノム解析から病因の解明へ 22018-02-19 理化学研究所,日本医療研究開発機構,東北大学 要旨 理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長、統計解析研究チームの鎌谷洋一郎チーム...
機械学習モデルで緑内障の診断に貢献~緑内障の視神経乳頭形状の自動分類~ 医療・健康

機械学習モデルで緑内障の診断に貢献~緑内障の視神経乳頭形状の自動分類~

2017年12月27日理化学研究所,東北大学 理化学研究所(理研)光量子工学研究領域眼疾患クラウド診断融合連携研究チームの秋葉正博チームリーダー、横田秀夫副チームリーダー(同領域画像情報処理研究チームリーダー)、安光州客員研究員、東北大学大...
ad
タイトルとURLをコピーしました