高性能な有機ケイ素材料製造のための酸化鉄ナノ粒子触媒を開発

ad
ad

2019-04-15   新エネルギー・産業技術総合開発機構,関西大学

NEDOと関西大学は、高機能な有機ケイ素材料を製造するための酸化鉄ナノ粒子触媒を開発しました。従来の白金触媒からの代替により、シランカップリング剤などの有機ケイ素材料の製造プロセスの大幅な省エネルギー化とコスト低減を実現します。

今回開発した触媒は、少量でも高い活性を持つほか、簡便な操作によるリサイクルや、温度変化による反応制御が可能です。また、自動車の低燃費タイヤ用添加剤向けなど、さまざまな種類のシランカップリング剤の合成触媒として使用することもできます。

今後、リサイクル性をさらに進めるなどして実用化に取り組むことで、将来、化学メーカーによる高機能ながらも安価な有機ケイ素材料の提供を実現します。

1.概要

シランカップリング剤※1やシリコーン※2などの有機ケイ素材料は、汎用的な炭素系ポリマー材料に比べて、耐熱性や耐寒性、耐光性、電気絶縁性、離型性、撥水性に優れており、シャンプーや化粧品、キッチン用品、コンタクトレンズ、低燃費タイヤ、LED電球などの生活に身近な製品から、絶縁性グリース、剥離剤、シーリング剤、コーティング剤などの工業製品まで、さまざまな場面で使用されています。

タイトルとURLをコピーしました