私たちの身近な危険生物の謎を解明~フタホシドクガの幼虫と食樹の発見~

ad
ad

2020-01-09   愛媛大学

<研究成果>

愛媛大学大学院農学研究科吉冨博之准教授(愛媛大学ミュージアム兼任)と千葉県立中央博物館尾崎煙雄主任上席研究員は、これまで未知だったフタホシドクガの幼虫期とその食樹を発見しました。

<研究の背景>

ドクガ科は、日本から約 60 種が知られ、そのうちの 10 種は幼虫が毒刺毛を持っています。幼虫の毒刺毛は幼虫だけでなく蛹や成虫、卵にも付着し酷い皮膚病を引き起こすことが知られています。

また、毒刺毛はたいへん細かく空気中を浮遊することにより空気感染することもあります。有毒なドクガの仲間は深刻な皮膚病を引き起こすことから昔から衛生害虫としてよく研究されてきましたが、毒刺毛をもつドクガ 10 種のうち、2 種類は幼虫の形態もその食樹も判明しておらず謎でした。

吉冨准教授と尾崎主任上席研究員が愛媛県と千葉県でそれぞれ独自に行っていたヤドリギに関する調査により、ヤドリギを食べる未知のドクガの幼虫が発見されました。飼育によりその幼虫がフタホシドクガの幼虫であることが判明しました。

<成果内容>

発見した幼虫を基に論文では識別点を記載しました。本種の幼虫は終齢で 45~50 ㎜、全体的に黒っぽく白い短毛を散布します。日本産の他のドクガ科幼虫からは、大きな体長と腹部中央にある黄色と青色の縦紋により容易に識別できます(図 1)。

タイトルとURLをコピーしました