がん細胞の接着を回復させる機構

ad
ad

 

-アクトミオシン収縮による細胞境界面の張力が誘導-

理化学研究所(理研)多細胞システム形成研究センター高次構造形成研究チームの竹市雅俊チームリーダー、伊藤祥子研究員と環境資源科学研究センター創薬シード化合物探索基盤ユニットの大貫哲男副基盤ユニットリーダーらの共同研究グループは、大腸がん由来細胞株の細胞間接着の形成を回復させる機構を明らかにしました。

[pdf-embedder url=”http://tiisys.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/171206medical-gannsaibounosettyaku.pdf”]

 

タイトルとURLをコピーしました