酸化カーボンナノチューブ(CNT)を用いた高輝度近赤外蛍光イメージングプローブ

ad
ad
ad
ad
ad

簡便に効率良くCNTを酸化する手法を開発

2018-04-19 国立研究開発法人 産業技術総合研究所,株式会社 島津製作所

ポイント

  • 近赤外領域で蛍光を発する酸化カーボンナノチューブ(CNT)の高効率・簡便な合成法を開発
  • 新規合成法による酸化CNTを用いた近赤外蛍光イメージングプローブを作製し、マウスの血管造影で実証
  • 励起光や蛍光の生体透過性が良く、高輝度なので、生体内イメージングプローブとしての活用に期待

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)ナノチューブ実用化研究センター【研究センター長 畠 賢治】CNT評価チーム 飯泉 陽子 テクニカルスタッフと岡崎 俊也 研究チーム長(兼)同研究センター 副研究センター長らは、株式会社 島津製作所【代表取締役社長 上田 輝久】(以下「島津製作所」という)と共同で、カーボンナノチューブ(CNT)を酸化する簡便な方法を考案するとともに、この方法で合成した酸化CNTを用いて、生体透過性の良い第2近赤外(NIR-II)領域で発光する近赤外蛍光イメージングプローブを開発した。

タイトルとURLをコピーしました