糖鎖関連オミクスデータを網羅的に統合した世界初の 糖鎖科学ポータルGlyCosmosを開発

ad
ad

2020-06-23 創価大学,野口研究所,新潟大学,科学技術振興機構

ポイント
  • 糖鎖に関連する遺伝子、たんぱく質、脂質、疾患、パスウェイなどのオミクスデータを網羅的に統合しアクセス可能にした世界初の糖鎖科学ポータルGlyCosmosを開発しました。
  • 国際糖鎖構造リポジトリおよびグライコミクス・グライコプロテオミクスの質量分析データのリポジトリも開発しました。
  • GlySpace Allianceのメンバーとして日本を代表する糖鎖科学ポータルです。
  • 日本糖質学会の公認ポータルです。

創価大学 理工学部 糖鎖生命システム融合センター 副センター長 木下 聖子 教授を代表とし、野口研究所 山田 一作 プロジェクトリーダー、新潟大学 大学院医歯学総合研究科 奥田 修二郎 准教授、産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門 梶 裕之 上級主任研究員らで構成される研究グループは、糖鎖科学研究を推進するための糖鎖科学ポータルGlyCosmosを公開し、ゲノミクス、プロテオミクス、疾患やパスウェイなどのオミクスデータを網羅的に統合したポータルを世界で初めて開発しました。

本研究成果は2020年6月22日(英国夏時間)、科学雑誌「Nature Methods」7月号に掲載されます。

本研究はJST バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)のライフサイエンスデータベース統合推進事業(統合化推進プログラム)による研究開発課題「糖鎖科学ポータルの構築」(研究代表者:木下 聖子)の支援を受けて実施されました。

詳しい資料は≫

<論文タイトル>
“The GlyCosmos Portal: a unified and comprehensive web resource for the glycosciences”
DOI:10.1038/s41592-020-0879-8
<お問い合わせ先>
<JST事業に関すること>

科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)

<報道担当>

創価大学 企画広報課

野口研究所 総務部

新潟大学 広報室

科学技術振興機構 広報課

タイトルとURLをコピーしました